ノロウイルス

2017/03/14

ノロウィルスに感染!嘔吐物の正しい処理方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ノロウィルスに感染!嘔吐物の正しい処理方法は?

ノロウィルスは、感染すると激しい下痢や嘔吐の症状が現れます。嘔吐物には強い感染力を持ったウィルスが含まれるため、後処理にも注意が必要です。感染拡大を防ぐためにはどうすれば良いか、専門家達に尋ねてみました。

2歳児のママからの相談:「感染を防ぐため、正しい吐物の処理方法が知りたいです」

子どもが保育園に入り、早速ノロウィルスに感染しました。嘔吐時にノロウィルスだと気付かず普通に雑巾で拭き取ってしまい、後々私にまで感染して大変な思いをしました。嘔吐物の正しい処理方法や洋服等を汚してしまった場合、どのように洗濯すれば感染を防ぐことが出来るのか教えて下さい。(30代・女性)

次亜塩素酸ナトリウムが効果的

ノロウィルスには、次亜塩素酸ナトリウムが有効です。嘔吐物の拭き取りの他、ドアノブなど複数人が触れる所を次亜塩素酸ナトリウムで拭いておくと良いでしょう。食器については、85℃以上のお湯で1分間煮沸消毒を行って下さい。

ノロウィルスに感染した場合は、排泄物や嘔吐物に感染力の強いウィルスが含まれます。嘔吐した場合ですが、実際には目に見える範囲以上にウィルスが散っているため、床に吐いた場合は次亜塩素酸ナトリウムで広い範囲を拭き取る必要があります。(循環器内科看護師)
ノロウィルスはアルコール除菌では効果がなく、次亜塩素酸ナトリウムが有効です。家庭用の塩素系漂白剤を薄めたものでも構いません。複数の人が触れるドアノブ・リモコン・スイッチ等も、薄めた塩素系漂白剤を布に染み込ませて拭き取りましょう。ただし、金属類は腐食することがあるので注意が必要です。(産科看護師)
食器は洗った後、85℃以上1分間の煮沸消毒を行って下さい。吐物を処理する時は、必ず手袋を使用してください。吐物が付着した物は袋の口をしっかり閉じて捨て、処理後は入念に手洗いを行いましょう。塩素系漂白剤は皮膚に触れるとかぶれる場合があるため、直接皮膚に触れないよう注意して下さい。(産科看護師)

吐物が付着した衣類は付け置き洗いを

吐物が服等に付いてしまった場合は、塩素系漂白剤を水で薄めた物に浸け置きした後、洗濯機で洗うと良いでしょう。

衣類に付着した場合、水10Lに対し塩素系漂白剤を40ml程度混ぜて(原液濃度5%の場合)、30分程浸け置きしてから洗って下さい。ただし、色落ちする点に関しては注意が必要です。また、次亜塩素酸ナトリウム等で拭き取った後85℃以上の熱湯に1分以上浸けてから洗う、安価な物だと処分する等の方法もあります。(循環器内科看護師)
塩素系漂白剤を使って吐物や排泄物が付着した衣類などを消毒する時は、0.02%以上の濃度(水2000mlに塩素系漂白剤8ml)、吐物が付着した物や場所の消毒には0.1%以上の濃度(水500mlに塩素系漂白剤10ml)を使用します。※原液濃度5%の場合(産科看護師)

思っている以上に吐物は飛び散っているため、床などは広範囲に渡り拭き取る必要があります。吐物の処理や消毒には次亜塩素酸ナトリウム、もしくは塩素系漂白剤が有効なので、適正な濃度に薄めて使用しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加