生理不順

出産後ひと月に生理が2回も。何が原因なの?

生理周期は人により個人差がありますが、産後は特にホルモンバランスの影響で定まらないこともあるようです。産後3カ月で生理が再開し、ひと月に2回も生理がきたという相談者の方ですが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

産後の生理についての相談:「産後の生理。ひと月に2回くるのは辛いです」

産後3カ月で生理が再開したと思ったら、なんと今月2回も生理がきました。前回から2週間しか経っていないのに出血があったのです。そのせいなのか貧血気味で疲れが溜まっている感じがずっと続いていて、ホルモンバランスの乱れでおこる頻発月経という症状に似ているように思っています。休む暇もない育児に疲れきっている状態なので、生理が月に2回来るのは辛いのですが、これは今後自然に治るのでしょうか。 (20代・女性)

生理ではなく排卵による出血の可能性も

産後は、ホルモンバランスの影響で生理が乱れることがありますが、排卵による出血だとも考えられるため、基礎体温を測り排卵日をチェックしてみるとよいでしょう。また、授乳中に分泌されるプロラクチンというホルモンの影響で、生理が不安定になることもあるようです。

産後なら排卵による出血や機能性子宮出血といって、生理とは違うもので出血している可能性もあります。機能性出血もホルモンバランスの影響で、排卵期や生理の前後にだらだらと出血がみられますが、一般的に出血量は少なく2~3日で消失し、産後の体調が回復すれば自然に元に戻るため心配はないでしょう。(産科看護師)
母乳を分泌するプロラクチンというホルモンは、排卵を抑制したり生理を不安定にすることがあります。授乳を止めると徐々にプロラクチンの量が減少し、生理も安定してきます。(内科看護師)
基礎体温を測ると、生理なのか排卵によるものか、又は不正出血なのかわかりやすいと思います。ホルモンバランスによるものならホルモン剤の使用でコントロールできるので、主治医に相談してみてください。(婦人科看護師)

家事や育児のストレスをためない!

産後は息をつく間もなく赤ちゃんのお世話に追われ、どうしても疲労がたまってしまいます。ストレスは生理不順の原因になるので、できればご主人にも家事や育児など協力してもらいましょう。

産後は無理をせず休む時間を多く取ってください。家事は後回しにして、赤ちゃんが寝ている時はママも横になり疲れやストレスをためないようにしましょう。またゆっくり食事をする暇もないかと思いますが、できるだけバランスのとれた食事を心がけてください。(産科看護師)
睡眠不足や育児でストレスがかかると、視床下部に影響が出るため排卵が起こらず生理不順になります。授乳中はホルモンの影響で生理不順になるのは仕方がないですが、ストレスや睡眠不足などは旦那様の協力があれば多少軽減できると思います。赤ちゃんをお風呂に入れてもらう、夜中泣いた時は搾乳しておいた母乳をあげてもらうなど、少しでもママの負担が軽減するよう協力を頼んでみてはいかがでしょうか。(内科看護師)

産後の生理不順は珍しくないようですが、ホルモンバランスの乱れによるものなのかどうか判断しづらい場合は、婦人科で相談してみるとよいでしょう。日中は、家事や育児の合間を縫ってできるだけ身体を休め、ご主人ができることは協力してもらうとよいですね。


2015/03/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)