痙攣(けいれん)

2017/03/15

子どものけいれんについて。種類や危険性について知りたい!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子どものけいれんについて。種類や危険性について知りたい!

子どものけいれんといえば熱性けいれんや泣き入りひきつけを思い浮かべますが、けいれんには様々な種類があります。けいれんの種類によって注意点も異なるようですが、子どものけいれんについて専門家達に尋ねてみました。

0歳児のママからの相談:「発熱や大泣きでけいれんを起こしたとき、どう対処すればいいの?」

現在9カ月の赤ちゃんがいます。まだ突発性発疹になったことも高熱が出たこともないですが、熱が出るとけいれんを起こすことがあると聞き不安です。けいれんが起きると危険なのでしょうか。また、大泣きでもけいれんを起こすと聞きますが、けいれんを起こさないためにあまり酷く泣かせないようにすべきでしょうか。泣かせないために子どもの言うことを何でも聞いてしまってはダメな気がしますが、対処法が知りたいです。(30代・女性)

10人に1人の割合で起こる熱性けいれん

幼児に起こりやすい熱性けいれんは、10人に1人の割合で起こるようです。発作は5分以内に治まることがほとんどで、特に後遺症などの心配もありません。熱性けいれんや泣き入りひきつけが起こったら、慌てずに気道の確保と時間の計測をするようアドバイスいただきました。

熱性けいれんは、0~5歳の幼児の10人に1人が起こすと言われるほどよくあるけいれん発作です。単純型の熱性けいれんですと通常5分以内に治まり、脳の損傷はなく後遺症も残らないことがほとんどです。(産科看護師)
けいれんが起きたら服を緩め首の下に丸めたタオルを入れて、気道を確保してください。驚いて顔を叩いたり身体を揺すったりするとけいれんを助長させるため、慌てず落ち着いて時間を計りながら様子を見ましょう。嘔吐があれば顔を横に向け、吐物をかき出し窒息を防いでください。(産科看護師)
酷く泣いた後に起こる泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)は、呼吸が停止して一時的な酸欠状態になり、唇や顔がみるみる紫色になります。慌てると思いますが、気道を確保して呼吸が止まった時間を確認してください。1分以上呼吸が戻らない、1日に数回繰り返す場合は病院を受診しましょう。小さい子どもを泣かせないようにするのは困難ですが、大泣きする前になだめたり気を紛らわせたりして対処してみてください。(産科看護師)

てんかん発作は注意が必要

けいれんの中でもてんかん発作である場合は、注意が必要だと看護師さんは説明しています。てんかんはストレスや強い刺激でも起こるため、生活習慣を整えることもてんかん予防には大切です。

熱性けいれんの場合、将来的に障害が残るようなことはまずないですが、てんかん発作によるけいれんの場合は後遺症が残る可能性があります。熱性けいれんはけいれんを予防する薬を発熱時に使用することで予防可能で、てんかん発作も同じです。(看護師)
てんかん発作の予防としては、しっかり睡眠を取ってストレスを溜めないこと、そして規則正しい生活習慣を送りましょう。光などの刺激でも発作が起こると言われているので、テレビを長時間見せるのも良くありません。(看護師)

けいれんの中にはてんかん発作もあるようですが、一般的な熱性けいれんや泣き入りひきつけの場合脳の損傷や後遺症の心配はないようです。けいれんが起こったら身体を揺さ振ったりせず、気道を確保して何分発作が続いたか時間を計っておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加