溶連菌

2017/03/19

溶連菌の潜伏期間は?感染したらどう乗り切ればいいの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

溶連菌の潜伏期間は?感染したらどう乗り切ればいいの?

子どもの友達が溶連菌に感染したため、うつらないか心配しているという相談です。潜伏期間は何日くらいか、もしうつっていたらどのように過ごせばいいのかという相談に対し、専門家の皆さんはどのように答えているでしょうか。

4歳児のママからの相談:「溶連菌の症状について教えてください」

息子とよく遊ぶ友達が、溶連菌に感染しました。もし息子にうつっていた場合、潜伏期間は何日くらいでしょうか?息子は以前1度感染したことがありますが、とても喉が痛かったようです。水分は何とか摂ることが出来ましたが、熱のせいもあって食事は出来ず病院で点滴をしてもらいました。もし今回うつっていたとしたら、前のような症状になるのではないかと思い不安です。無理にでも何か食べさせた方がいいのでしょうか?水分だけでも、しっかり摂ったほうがいいのでしょうか?(30代・女性)

潜伏期間は2~5日

溶連菌の潜伏期間は、2~5日です。疑わしい場合は、早めの受診と内服で症状がかなり緩和されるようです。

溶連菌の潜伏期間は、おおよそ2~5日です。疑わしい症状がある時には早めに受診し、必要に応じて抗生物質を処方してもらって下さい。溶連菌であれば、抗生物質を内服することで1~2日でかなりの症状は緩和されます。(小児科専門医)

水分補給は重要です!

感染していた場合、脱水にならないようしっかり水分補給を行いましょう。薬が効いて喉の痛みが緩和されるまでは水分補給に重きを置き、食べるなら飲み込みやすい物を用意しましょう。処方された薬をきちんと飲み切ることも大切です。

溶連菌に限ったことではないですが、お子さんが病気になった時は脱水症状を避けることがとても大切です。そのため、喉の痛みが強い時には固形物を取ることは難しいかもしれないので、水分(経口補液)だけでもしっかり摂って下さい。溶連菌は抗生物質を内服することで数日で喉の痛みが改善するはずなので、その数日の辛抱だと思いながら乗り切りましょう。(小児科専門医)
喉の痛みがある間は、食べるのは難しいと思います。出来るだけ水分補給を行い、食べるとしたらゼリー・プリン・アイスクリーム・豆腐・冷たいスープ・ジュースやスムージー等の飲み込みやすい物が良いでしょう。熱い物・すっぱい物・辛い物など、喉を刺激する食べ物は控えてください。症状が治まっても、処方された抗生剤は必ず飲み切ってください。(産科看護師)

溶連菌に感染したか疑わしい場合は、早めの受診が勧められています。感染していたら喉の痛みが激しい間は水分補給を中心に、食べるならゼリーなど飲み込みやすい物を与えましょう。症状が緩和しても、抗生剤は飲み切ってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加