息抜き・小ネタ

2017/03/13

昼は暖か、夜は寒い春。 春に気をつけたい病気

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

昼は暖か、夜は寒い春。 春に気をつけたい病気

春に気をつけたい病気、春に多い病気にはなにがあるでしょうか。
昔から樹木に新芽が出る早春を「木の芽時(コノメドキ)」と呼び、
寒暖の変化による心身の状態が不安定・不調になりやすいことに注意が払われてきています。

春はまた、卒業・入学・入社・転勤・転居・退職など生活にも大きな変化の出る時期です。
今回は春に気をつけたい病気について、詳しく見ていきましょう。

春は体調を崩しやすい

「カラダがあちこち具合が悪い」「毎年、この時期は体調を崩す」「何となくだるい」
「寝ても寝ても眠い」など、春は心身の体調を崩しやすい季節です。
どうしてなのでしょうか。

気温の急激な変化や寒暖の差が「ホメオスタシス」を乱す

2月・3月・4月と春は一気に気温が上がっていきます。
また早春だとまだ寒暖差も大きく、冬みたいに寒い日と初夏を思わせるような陽気な日が、
同じ一日にあることも。

こうした気候は、自律神経やホルモン代謝といった
「ホメオスタシス(恒常性機能)」に乱れを生じさせます。
この「ホメオスタシス」の乱れが、体の不調を引き起こすことにつながるのです。

日照時間が長くなり、紫外線の影響で疲れやすくなる

春になると日ごとに日照時間が長くなります。
これにともなって紫外線の量も増えてきます。
近年の研究で、肌や目から浴びた紫外線(とくにUVA)が
疲労に関連していることがわかってきました。
春は疲れを感じやすくなる時期です。

年度末と年度初めで、生活上の変化が多くてハイ・ストレス

出会いと別れの季節である春。慣れ親しんだ環境から
新しい環境へと移動する時期でもあります。
卒業・入学・入社・転勤・退職・転居など生活の大きな変化が起こりやすく、
そうした変化によってストレスが強くなりがちです。

春に起こりやすい病気

花粉症

何よりこの時期の病気の話題は「花粉症」でしょう。
外敵である病原体から身を守る役割を果たす免疫が、
自分に攻撃をするのが「アレルギー反応」で、
花粉症は「季節性の即時アレルギー反応」です。

さまざまな感染症

日本国際医療研究センター病院の國松医師によると、
晩冬から春にかけては、風疹(3日はしか)、麻疹(はしか)、
流行性耳下腺炎(おたふく風邪)などの感染症が増える傾向とのこと。
「人が大きく動く春は、ウイルスの抗体を持たず抵抗力の弱い人が、
新しい環境で感染症にかかるのでは」とは、國松医師の弁です。

また、急性気道感染症として、
発作性のけいれん性のセキが止まらなくなる「百日咳」も、
春から夏にかけて発症が多くなります。

さらに、今年はノロウイルスによる食中毒も世間の話題となっています。

子どもで気をつけたい病気

保育園や幼稚園に入って感染する病気に注意が必要です。
溶連菌感染症、はしか、風疹、水疱瘡などが挙げられます。

高齢者に多い症状

とくに、寒暖の差や冷えからくる症状が、高齢者に多く出ます。
膀胱炎、痔、関節痛、腰痛、腹痛などです。

自律神経失調から起こる病気

自律神経失調症、うつ病(五月病)、適応障害、
不眠やイライラといったストレスが昂じた心身の変化が起こりやすくなります。

ホルモンバランスの乱れ

アトピーの悪化、ニキビや吹き出物、不眠、薄毛・抜け毛、片頭痛、
口唇ヘルペス、生理不順などなど。

春の病気:対策は?

ただでさえ季節の影響で乱れやすい自律神経やホルモン分泌については、
生活習慣を整えることで、悪影響を受けにくくすることができます。
睡眠や休息、バランスがとれた規則的な食事、適度な運動による心地よい疲労など、
基礎的な保健を確保しておくことは、当たり前のことながら、とても大切です。

そのうえで、寒暖の差に関しては、着るものやエアコンで
温度調整をこまめにすることをこころがけましょう。
紫外線による疲労については、とくにアウトドアでの生活が多い人は、
帽子やサングラス、長袖などを効果的に使いましょう。

ストレスについては、季節性のものは一過性で、
放っておいても時が経てば症状は消失していきます。
新しい人間関係などで、あまり敏感になりすぎず気を使いすぎず、
ミスをおそれない「ゆとり」があるとよいでしょう。

感染症については、自律神経やホルモン分泌をできるだけ安定させて
免疫を低下させないようにしながら、
疑いがあれば受診をして、早めに治療を受けることが大切でしょう。

この時期、企業などでは「定期健康診断」が行われるところも多いです。
そんな機会に、自分や家族の健康を、もういちど見直してみることをおすすめします。

<執筆者・監修者プロフィール>

執筆:藤尾 薫子(ふじお・かおるこ)
助産師・保健師。株式会社 とらうべ 社員。産業保健(働く人の健康管理)のベテラン

医療監修:株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】

起きたいのに、起きられない…。病気なの?原因は?
そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策
春は「ローズヒップオイル」でアンチエイジング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加