膀胱炎

産後繰り返す膀胱炎をきちんと治したい!

赤ちゃんのお世話をしていると、トイレにもろくに行けないことが多いもの。トイレを我慢すると膀胱炎になりやすいのですが、産後繰り返す膀胱炎に悩む相談者の方に対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

膀胱炎についての相談:「産後2回膀胱炎に。完治するためにはどうすれば?」

産後、育児に追われてトイレにいくことを我慢することが多くなり、そこへストレスが重なり膀胱炎になりました。最初は下腹部に鈍い痛みがあり、おかしいなと思っていたら血尿が出て、内科で処方された薬を1週間飲むと治りました。しかしその1カ月後に今度はいきなり血尿が出て、水分をたくさんとって身体を冷やさないようにと言われ同じ薬が処方されましたが、膀胱炎はこんなに繰り返すものでしょうか。 (30代・女性)

膀胱内の雑菌を繁殖させないこと

膀胱内に長時間尿を溜めていたり、排便の際に尿道口から雑菌が入ったりすると、膀胱炎になりやすいようです。またストレスなどで疲れている時もなりやすく、一度かかると繰り返すのが膀胱炎の特徴です。

膀胱炎の原因の多くが大腸菌によるもので、女性は肛門と尿道口が近いため膀胱炎にかかりやすいです。排便の後は前から後ろにかけて拭く、ウォシュレットで排泄の都度お尻を洗い流す、ナプキンはこまめに取り替えるなど清潔を保ちましょう。但しウォシュレットの使い過ぎは肛門を傷つけることもあるので、弱い水流で30秒以内ぐらいがよいでしょう。(産科看護師)
普段膀胱の中は無菌ですが、疲れやストレスで体力が落ちていたり、排尿を我慢して膀胱内の雑菌が繁殖すると膀胱炎を起こしやすくなります。一度かかると繰り返しやすいのも膀胱炎の特徴です。(産科看護師)
産後は出産の影響で膀胱が一時的に麻痺したり、会陰裂傷などで陰部に傷があると排尿しづらく膀胱炎になりやすいです。膀胱炎は一度かかると繰り返しやすいため、病院の指示通りに抗生剤の内服を行い、再燃しないようにすることが大切です。(消化器科看護師)

水分をしっかり摂りトイレに行くのを我慢しない

膀胱内の雑菌を繁殖させないためには、十分な水分補給で排尿を促し、尿意を感じたらトイレを我慢しないことです。また病院で処方された抗生物質は、症状が治まっても自己判断で中断せず最後まで飲みきるようにしましょう。

膀胱内に古い尿を溜めたままだと雑菌が繁殖するため、水分を多めにとって排尿を促し、トイレに行くことを我慢しないようにしてください。また下半身の冷えに注意し、疲れが溜まらないよう休める時はしっかりと休みましょう。(産科看護師)
少しでも尿意を感じたらトイレに行き、尿意を感じなくても排尿してから時間が経っていれば、トイレでお腹を軽く圧迫するなどして排尿を促すようにしてみてください。(消化器科看護師)
病院で抗生物質を処方してもらうと、2~3日の服用で治癒すると思います。しかし症状が治まっても菌が残っている場合があるため、処方された用量は守るようにしてください。頻回に繰り返す場合は、膀胱や子宮の疾患が隠れていることもあるので、泌尿器科や産科で検査してもらいましょう。(産科看護師)

膀胱炎は、体力が落ちている時や排便時の雑菌などが原因で起こり、繰り返しやすいようです。普段から清潔を心がけ、水分をしっかり摂って排尿を促すようにし、それでも繰り返すようなら病院で詳しい検査をしてもらうとよいでしょう。


2015/03/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)