妊娠後期のむくみ

むくみ対策の漢方は妊婦にも安全ですか?

植物由来で身体に優しく安全なイメージのある漢方ですが、むくみ対策として妊娠中の女性が漢方を飲んでも問題はないのでしょうか。

プレママからの相談:「むくみに効く漢方について」

妊娠後期です。ふくらはぎから下がパンパンにむくみ、歩くのも大変です。特に足指がひどく、夕方になると靴が入らなくなるほどむくんでしまいます。塩分を控えて水分は多めを心がけているのですが、改善されません。友人がむくみに漢方が効いたと言うのですが、妊娠中に漢方を飲んでもいいのでしょうか。(20代・女性)

事前に必ず医師に相談を

はじめに、妊娠中に漢方を用いることについて医療従事者の意見を聞いてみました。妊婦さんでも漢方を服用してもいいのでしょうか。

漢方は副作用が少なく自然界に存在するものを煎じたものですから、妊娠中であっても基本的には使用可能です。漢方外来もありますが、まずは主治医に異常がないかチェックしてもらう必要があります。一度、病院で相談してみましょう。(看護師)
むくみを予防するポイントは、余計な水分を身体に溜め込まない、下肢を中心に身体の血行を良くする、利尿をスムーズにして体内の水分を排泄することなどです。利尿を助けたり腎機能を良くする漢方によって、確かにむくみの改善が期待出来るかもしれません。ただし、絶対に自己判断で服用せずに必ず担当医に相談してください。(看護師)

むくみ改善にはこんな飲料も

漢方を服用する以外に、ドラッグストア等でも手に入るハーブティーを使ってのむくみ対策もあるようです。どのようなお茶がむくみ対策におすすめなのでしょうか。

ハーブティーの中には、利尿を助けてむくみを改善する効果のあるものがあります。ルイボス茶・タンポポ茶・とうもろこし茶・ドクダミ茶・黒豆茶などが、それに当たります。私は妊娠中にルイボス茶ととうもろこし茶を飲みましたが、飲みやすくて身体も温まるのでおすすめです。(看護師)
利尿作用のあるルイボス茶は、牛乳で割ってラテとして飲んでもおいしいです。牛乳を飲みやすくしてくれるので一石二鳥ですが、牛乳は身体を冷やしますので飲みすぎには注意しましょう。(看護師)

こんな時は要注意!

妊娠中にむくむことはよくあることですが、症状によっては医師に相談した方が良い場合もあるようです。以下のような症状がある時は、担当の医師に相談しましょう。

顔にもむくみが出たり、体重が急激に増加したり、血圧が高い、尿が少ない等の症状があるようなら、単純な妊娠中のむくみ以外に問題が起こっている場合もあります。必ず医師に相談してください。(看護師)

漢方の服用については、必ず事前に医師に相談しましょう。また、ハーブティーなどの利尿作用でむくみが改善することもあるようですが、なによりも安全第一ですので迷う時は医師に相談しましょう。


2017/03/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)