夜泣き

週に2、3回夜泣きをする3歳の子ども

頻繁な夜泣きは、本人も家族も辛いものです。夜泣き対策がうまくいかないことに悩むママからの相談に、専門家はどのように答えているでしょうか。

3歳児のママからの相談:「寝つきはよく夜8時には寝ますが、週2~3回夜泣きします」

3歳になる息子の夜泣きで悩んでいます。寝付きはまあまあ良く夜8時には眠るのですが、週に2、3回は深夜に泣き出します。泣き出してからギュっと抱きしめてあげるとそのうちまた眠るのですが、定期的に続く夜泣きに私の方が参っています。なるべく眠る前にテレビを見ない、刺激になるようなことをしない、など気を付けているのですがどれも奏功しません。何か良いアドバイスをいただけないでしょうか?(30代・女性)

夜泣きの原因は様々

昼間の経験や怖い夢など、様々な夜泣きの原因を教えてくれました。

夜泣きの原因は、子どもによってまちまちです。昼間に経験したことが刺激的で強く印象に残っている、怖い夢を見た、夢と現実の区別がついていないことなどが原因となる夜驚症という睡眠障害が、3歳頃に見られます。(精神科看護師)
夜泣きの原因は、未だにはっきりと分かっていないのが現状です。寝る前のテレビなどは寝つきには影響しますが、夜泣きには関連がないかもしれません。(看護師)
夜泣きには、様々な原因が考えられます。まずは、引越しや兄弟が生まれたなどの環境の変化です。嫌なことでも嬉しいことでもその変化が関係します。また、激しく遊ばせて脳が興奮状態になったり怖い思いをすると、夜になってその刺激で夜泣きするとも言われています。幽霊が怖いという恐怖感などではなく、雷や怒られたことなども当てはまります。大人が何気なく見ているテレビでも、子どもは怖く感じることもあります。(看護師)

夜泣きしたら、安心感を与えて

夜泣きをした時の対処法について、アドバイスがありました。

夜泣きをしたら、暑すぎたり寒すぎないか、虫刺されがないかなどまずは考えられる原因を解決してあげましょう。原因がなければ、今までのように抱きしめたり添い寝をしたり背中をトントンして安心感を与えてください。お母さんの声が聞こえることでも安心しますから、静かな声で話しかけてください。(精神科看護師)

生活リズムを整えて

いい眠りにつけるよう、生活リズムを整えましょう。

生活のリズムを作るために、出来るだけ規則的な生活でを心掛けましょう。昼間はしっかりお日様の光を浴びたり、よく運動させてあげてください。本を読んだり音楽を聞かせたり、寝る前の習慣(入眠儀式)を作るといい眠りにつけます。夜驚症は病気ではなく、成長と共に脳が発達すると自然に改善されると言われていますが、頻回に起こるようでしたら病院を受診してください。(精神科看護師)

昼間の経験や夢など、様々なことが夜泣きの原因といわれています。その曜日・その日の出来事やお子さん特有の原因もあると思うので、それらのことに気遣いながら原因を探ってみてください。また、良い睡眠が取れよう生活リズムを整えましょう。もし夜泣きをした場合は、まず安心感を与えてあげてください。


2017/03/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)