身体の発達

2017/03/24

身長・体重の伸びが悪いが、元気なら様子見でOK?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

身長・体重の伸びが悪いが、元気なら様子見でOK?

子どもの成長について、つい他人と比べてしまい不安になることがあるかもしれません。普通に食事も摂り元気にしているが、身長・体重が成長曲線をずっと下回ったままで心配だという相談に対し、専門家達はどのようにアドバイスしているでしょうか。

1歳児のママからの相談:「他の子と比べ成長の遅れが気になるが、個性と思って見守るべき?」

誕生時の体重は2904gと普通でしたが、産後9日目で母乳やミルクをあまり飲まなくなり体重が400g減少したため入院しました。現在は普通に食事も食べよく動きますが、身長体重は成長曲線を下回ったままです。個性だと思い見守っているつもりですが、出先で「もう1歳7カ月なんですね」と話しかけられると、そんなに小さく見えるのかと少し心配です。食欲も行動も普通なら、このまま様子見でいいのでしょうか?(30代・女性)

お子さんなりに伸びていれば様子見で大丈夫

子どもの成長は個人差が大きいですし、成長曲線を下回っていてもお子さんなりに伸びていれば様子を見て良いようです。しっかり睡眠をとって規則正しい生活を送り、おやつには栄養価の高い物を与えましょう。

成長曲線を下回っていても、お子さんなりに身長・体重が順調に増えていて極端な偏食や少食で無ければ経過をフォローしながら様子を見て大丈夫でしょう。もし、身長の伸びが良くない・体重が減っている・発達状態が気になるのであれば、専門病院を受診しましょう。また、成長ホルモンは睡眠中にたくさん分泌されるため、早寝早起きの習慣をつけて下さい。(看護師)
子どもの成長には個人差があるため、お子さんが元気なら様子を見守って下さい。夜間就寝中に成長ホルモンの分泌が盛んになるため、夜の睡眠はしっかりとって規則正しい生活を送って下さい。学童期になれば、身長も体重も一気に伸びる子もいます。(産科看護師)
もしかすると、消費カロリーに対し摂取カロリーが足りないのかもしれません。何でもバランス良く食べるのが基本ですが、子どもの成長にはカルシウム・タンパク質・鉄分が欠かせません。食事は食べられるだけ与えて良いですが、おかずを何種類か用意して色々な栄養が摂れるようにして下さい。また、おやつを補食と考えおにぎりやサンドイッチ、野菜や果物のスムージーやチーズなど間食は栄養価の高い物にすると良いでしょう。(産科看護師)

体質の遺伝や、時には病気が隠れていることも

身長が低い場合は遺伝の可能性もありますし、中には何らかの病気が原因となっていることもあると専門家は説明しています。

身長が低い原因の9割が原因不明で、この様な低身長を「特発性低身長症」と言います。家族の体格が大きくない場合はその体質が遺伝することもありますし、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの異常、栄養の消化吸収を妨げる原因となっている消化器や腎臓の病気、染色体の異常などの病気が隠れている場合もあります。(看護師)

成長曲線を下回っていても、お子さんなりに身長と体重に伸びが見られるならしばらくは見守ってあげて良いようです。しかし成長曲線から離れたり日頃の様子で気になることがある場合は、一度病院を受診した方がいいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加