インフルエンザ

授乳中のママは、インフルエンザの予防接種をすべき?

赤ちゃんを母乳で育てている場合、ママがインフルエンザに感染しても授乳に問題は無いのでしょうか。授乳中はインフルエンザの予防接種をした方がいいのか、もし感染した場合でも授乳は可能なのか、専門家達に尋ねてみました。

インフルエンザについての相談:「授乳中にインフルエンザに感染しても、母乳を与えることは可能?」

生後5カ月の娘を完全母乳で育てています。今まで私も子ども達もインフルエンザに感染したことは無いですが、長男が幼稚園に通い始めたため感染が心配です。息子達には予防接種を受けてもらうつもりですが、私は以前副反応が強く出たため今回は接種しないつもりです。もし私が感染した場合、治療しながら娘に授乳することは可能なのでしょうか?また、インフルエンザの治療薬を服用することで、授乳中の娘に悪影響は無いでしょうか?(30代・女性)

未就学児や高齢者が感染しやすい

インフルエンザは未就学児や高齢者が感染しやすく、今回ご兄弟が幼稚園に通うことになれば感染リスクは高いでしょう。ママが予防接種をしないなら、手洗いやマスクの着用を徹底して規則正しい生活でウィルスを寄せ付けないように心がけましょう。

過去にインフルエンザに感染したことがないからといって、今シーズンも大丈夫とは言えません。インフルエンザ感染者の多くは、未就学児や高齢者です。保育園で生活していると、潜伏期間中に他の園児と接してウィルスを貰うことは少なくありません。お子さんが集団生活を始めたことからも、感染するリスクは高いと考えます。(循環器内科看護師)
流行時は外出を控えマスクを着用し、感染者と出来るだけ接触しないようにしましょう。外出後はうがい・手洗いを行い、赤ちゃんに触れる前にも手洗いを行って下さい。うがいはかなり頻煩にしなければ、インフルエンザには効果がありません。(産科看護師)
ビタミンを多めにバランスの取れた食事をし、睡眠不足にならないように注意しましょう。部屋は60%前後を目安に加湿し、こまめに掃除して埃を溜めないようにして下さい。(産科看護師)

母乳を介して赤ちゃんに感染することは無い

もし授乳中にインフルエンザに感染しても、母乳を介してウィルスが赤ちゃんに移行することは無いようです。しかし、服薬中の授乳については医師によって意見が分かれるため、出来ればママも予防接種をした方が安心ではないでしょうか。

インフルエンザに感染しても母乳にウィルスが混ざることは無いですが、母体を介して感染させてしまう場合もあります。また、内服中は授乳を控えるように言う医師や、授乳しても構わないと言う医師がいて判断が分かれるところです。そのため、出来れば相談者さんも接種しておいた方が安心かもしれません。(循環器内科看護師)
インフルエンザ予防として予防接種は有効な手段ですが、接種されないのなら入念に感染予防を行って下さい。もし感染しても母乳を通して赤ちゃんに感染することは無いですし、タミフルを服用してもほとんど影響は無いと言われています。(産科看護師)

母乳を介して赤ちゃんがインフルエンザに感染することは無いようですが、その他飛沫・接触感染などが心配されます。服薬中の授乳についても問題無いそうですが、母体を介して感染する可能性もあるので、出来ればママも予防接種をしておいた方が安心だとアドバイスいただきました。


2017/03/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)