2017/03/27

鼻水が喉に落ち夜中に咳き込む子ども…どうしたらいいの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

鼻水が喉に落ち夜中に咳き込む子ども…どうしたらいいの?

鼻風邪を引くと、夜中に咳が止まらなくなる男の子についての相談です。医師からは鼻水が喉に落ちて咳が出ているという説明があり、咳止めは出ていないようです。改善のためには何をしてあげたらいいのか、専門家達のアドバイスを見てみましょう。

2歳児のママからの相談:「子どもの夜中のみの咳について」

保育園に通っている2歳半の息子がいます。鼻風邪を引くことが多く、鼻水が出始めるとすぐに耳鼻科に行きます。鼻を吸ってもらい自宅でもこまめに鼻を吸う等のケアをしていますが、なかなか良くなりません。本人は日中は鼻水が出ているとき以外は元気に過ごしているのですが、夜中になると咳が止まらなくなり目が覚めてしまうこともあります。病院では「鼻水が喉に落ちて咳が出ているので、鼻をしっかりと治していきましょう」と言われています。無理に咳を止めることは良くないようで、咳止めの処方はありません。加湿器をつける等の対策はしていますが、なかなか良くなりません。他に良い対策方法があったら教えてください。(30代・女性)

咳は異物を出すための身体の反応

寝ている時には鼻をかめないために、鼻水が喉に流れ込みそれを排出しようとして咳が出ているようです。

咳こんでいるのを見るのは辛いですが、咳は喉や気管支に付着した異物を出すための生理的な身体の反応です。寝ている時は重力の関係から鼻水が喉に流れ込みやすく鼻がかめないので、医師の言うように鼻水が流れ込んで咳が出るのでしょう。(産科看護師)

寝る姿勢や水分補給、布団掃除などで工夫を

加湿の他に、考えられる対策を教えていただきました。上半身を少し高くして寝たりしっかり水分補給すること、布団のダニやホコリ対策など試してみる価値がありそうです。

夜中に咳き込んだら、現在行っているようにまず加湿することです。加湿器で部屋全体を加湿するか、お子さんの枕元にお湯の入った洗面器を置いて加湿してください。加湿をすることで鼻水や痰が固くなるのを防ぐことが出来、排泄しやすくなります。その他痰を出しやすくする方法として、上半身を少し高くした状態で寝かせることも有効です。その際頭だけを高くするのではなく、腰から上を高くしてください。ただ2歳半ということですので、必ずしもの親が子どもの体勢を保とうとするのは難しいかもしれません。自分が楽な体勢を自然ととれれば大丈夫です。(産科看護師)
咳が出る時は、コップで水を飲ませてあげると楽になるかもしれません。咳が酷くならなくても、脱水気味だと鼻水や痰が固くなり排泄が難しくなります。痰を出しやすくするためには水分をしっかり摂ることが大切ですので、水分摂取はこまめに行ってください。痰がからむ、鼻水が酷くなると、中耳炎を併発するリスクがあります。(内科看護師)
夜間の咳の予防のために、寝る前にお湯で溶かした蜂蜜を飲ませてください。蜂蜜は喉の炎症を抑え、痰を出しやすくします。生姜湯に蜂蜜を入れて飲ませると、身体も温まってよく眠れると思います。お子さんの布団は布団クリーナーでダニ退治し、シーツや枕カバーも清潔な物を使用してください。また、床のホコリを吸い込まないようフローリングの部屋でベッドに寝ると良いでしょう。(産科看護師)

夜中は鼻水が喉に流れ込みやすく、咳はそれを排除しようとする身体の反応です。薬で咳を止めることは、逆に悪影響を及ぼすこともあるようです。現在行なっている加湿器使用の他にも、寝る姿勢や水分補給、布団類の掃除などの対策を試してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加