2017/03/24

子どもが夜中に咳き込んだ時に楽にしてあげる方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子どもが夜中に咳き込んだ時に楽にしてあげる方法は?

幼稚園に入ってから常に風邪気味で、昼間は良くても夜に咳き込んでしまうという悩みが寄せられました。インフルエンザが流行っているため病院に行くことを躊躇しているようですが、夜の咳を少しでも楽にする方法について、専門家達はどのようにアドバイスしているでしょうか。

4歳児のママからの相談:「夜中に咳き込んだ時の対処方法が知りたいです」

4歳の男児がいます。去年幼稚園に入園し、集団生活に入りました。それまでは風邪など滅多に引かなかったのですが、入園してからは鼻水を垂らすことが多く常に風邪気味な状態です。ここひと月くらいは、咳がよく出ています。日中は良くなりましたが、就寝時になると苦しそうに咳き込んでいます。現在近隣の幼稚園で学園閉鎖になるほどインフルエンザが流行っているので、病院に連れて行くのをためらってしまいます。就寝時に咳が出た場合、楽にできる方法があったら教えてください。(40代・女性)

子どもは風邪を引きやすく、夜は咳き込みやすい

子どもは抵抗力が弱く、風邪予防の知識も大人のようには理解していないため、集団生活をすると風邪を引きやすくなります。また、夜寝ている時は日中よりも咳き込みやすい状態にあるようです。

子どもは集団生活をすると、風邪を引いては治りを繰り返します。集団生活を開始すると、それまで接触の機会がなかった風邪ウィルスに暴露される確率が格段に増えます。また、子ども同士で過ごすことや大人のようにウィルスや細菌などの概念が分からないため、手洗いやうがい等がしっかり行えないことも一つの原因です。(内科看護師)
子どもは大人に比べ気道の抵抗力が弱いため、炎症を起こしやすい・上手に痰を出すことが出来ない・大人より痰を作りやすい体質です。そのため、咳き込むことがよくあります。寝ている時は副交感神経が優位に働くため、気管支が狭くなっていること・横になった状態では咳がしづらいこと・布団や床のホコリやダニを吸い込みやすいことなどから、夜間に咳き込むことがあります。(産科看護師)

加湿や掃除など寝る部屋の環境に注意を

就寝時には、部屋の加湿や掃除をして環境を整えましょう。お湯や蜂蜜などを飲ませることも良いようです。受診が必要な時は、感染対策を考慮している病院を選んだり空いている時間帯を選ぶなど工夫しましょう。

まずは、部屋の加湿を心がけてください。寝る時は上半身を高くして、咳をしやすくしてください。咳込んだら温めのお湯を少量ずつ飲ませ、背中を軽くトントンして痰を出してください。布団は布団クリーナーでダニ退治して、部屋もこまめに掃除してホコリを溜めないようにしてください。寝る前にお湯に溶かした蜂蜜を飲ませると咳を鎮める効果がありますし、蜂蜜大根も喉の痛みや咳止めに効果があります。(産科看護師)
最近小児科などは、インフルエンザなどの発熱を伴うお子さんとそうでないお子さんが接しないように、入口を別々にしている病院もあります。また、患者さんが少ない時間帯を予め病院に確認して受診するのも方法の一つです。(内科看護師)

子どもは風邪を引きやすく、夜は日中よりも咳が出やすいようです。就寝時には部屋の加湿に加え、部屋と布団を清潔に保つ、上半身を高くして寝る、お湯やお湯に溶かした蜂蜜などを飲ませるなどの工夫をしてみましょう。受診が必要な場合は、発熱の有無で入り口を分けている病院や空いている時間を選んで受診すると安心です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加