イベント・セミナー

2017/03/21

離乳食と一緒に子供の成長を学ぶ講座が開催

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

離乳食と一緒に子供の成長を学ぶ講座が開催

母子栄養協会による「離乳食アドバイザー養成講座」

3月9日に、一般社団法人母子栄養協会が、「離乳食アドバイザー養成講座」の開催を発表するとともに参加者の募集を開始しました。

同講座は、生後5か月から1歳半までの離乳食について詳しく学習することができる講座となっており、同時に小児の発育や口腔からみる離乳食期の発達を知ることができる講座です。

離乳食講座を開催したい人にもお勧めの講座

今回、母子栄養協会が開催を発表した「離乳食アドバイザー養成講座」は、参加者自身が学べるだけでなく、受講することで、離乳食教室や子育て中のママを対象とした料理教室の開催などを行えるようなるための栄養学的知識を学ぶこともできます。

同協会は同講座について、離乳食について詳しく学習した人や保育士といった乳幼児に関わる機会のある人、栄養士や管理栄養士の資格を持ち、今後保育園や離乳食関係の仕事を行っていきたい人にお勧めの講座であるとしています。

また、そういった人だけでなく、離乳食教室を開催したい人や育児用品販売、育児相談の仕事を行いたい人にも推薦しています。

カリキュラムとしては、乳児の身体発育と主な病態、厚生労働省発行「授乳・離乳支援ガイド」の見方と考え方、離乳食に向いている食材・向かない食材、献立作成、カウンセリング方法といった内容となっており、受講費用は、エプロンや認定バッヂなどの費用を含み41,040円としています。

講座は4月22日に東京都市ヶ谷、6月3日に新大阪駅前で行われる予定となっています。

参考サイト

母子栄養協会プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加