味付け

2017/03/27

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか?
「いよいよ離乳食!」と思い、はりきって作ってみたものの、
「ベーッ」と口から出されてガッカリ・・・
という経験をしたママ・パパは少なくないはず。

赤ちゃんの味覚はどう発達するのか、また豊かな味覚をはぐくむポイントも含めて、
ご紹介したいと思います。

赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

ヒトが味覚を感じる器官を「味蕾(みらい)」といいます。
私たちは味蕾によって、5つの基本となる味「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」や、
これらが複雑に混ざり合った味を感じとることができます。
味蕾は、舌の表面はもちろん、頬の粘膜や「軟口蓋(なんこうがい:上あごの奥の方)」
などにも分布しています。

味蕾は、妊娠7週目ごろ、つまりママのお腹にいるときから作られます。
味蕾の数が1番ピークに達する時期は、妊娠後半期~生後3か月ごろで、
その数は大人の1.3倍といわれます。

ですから、大人より子どもの方が「味に対して感受性が高い=敏感である」といえます。
また、以下の3つの味は、生きていくためにカラダに必要な栄養素として、
生まれたときから本能的に好む味である、といわれます。

母乳のエネルギー源=炭水化物=「甘味」

タンパク質=アミノ酸=「うま味」

ミネラル=食塩=「塩味」

一方で、腐ったものや未熟な果物などが発する「酸味」と、
毒物に多い「苦味」は、カラダを守るために本能的に避ける味で、
はじめはなかなか受け入れられないもの、といわれています。

そのため「苦味」や「酸味」を感じる野菜や果物を苦手とする子どもが多いのは、
ある意味、当然のことなのです。
そして「苦味」「酸味」といった苦手な味を何度も経験し、
さまざまな食の体験を通して徐々に慣れていくことで、
月齢に応じて少しずつ味覚に深みが増し、発達していくものといわれます。

味蕾の数がピークを迎える3か月ごろ以降になると、
だんだんと味覚が鈍くなるともいわれています。
離乳期以降、だんだんと幅広い味を受け入れるようになっていくのは、
味覚が鈍くなることも関係していると考えられています。
だからこそ、乳幼児期のさまざまな食の経験は重要といわれるのですね。

離乳食に味付けは必要!?

次に、さまざまな食の経験に味付けは必要か、ということについて考えてみましょう。
お母さんたちを対象にした離乳食講習会で離乳食の試食を行うと、
「え!?こんなに薄くていいの?」「味付けはしなくていいのですか?」
といった質問を受けることがあります。

離乳食の頃、とくに初期の頃は、まずは素材の持っている自然の味を味わい、
おいしさを知るということを大切にしたい時期です。
先ほど、味覚は月齢に応じて少しずつ深みをもって発達していく、とお伝えしました。
はじめから濃い味を覚えてしまうと、素材の味自体がわからなくなり、
奥深い味覚の発達を妨げるおそれがあります。

また、早い時期から濃い味に慣れてしまうと、
薄味のものを受け入れることが難しくなります。
さらに、濃い味ばかりを好む食習慣になってしまうと、
将来的に生活習慣病につながっていく可能性もあります。

ですから、離乳食開始の頃は、基本的に味付けをせず、
いろいろな食材を使用することで、素材の味を体験させてあげましょう。
少し慣れてきたら、素材の味を生かしつつ、出汁を使用してみるのも、
味覚を広げるひとつの工夫となります。

2回食のリズムがしっかりついてきたころから、素材の味を活かしつつ、
薄味を心がけながら、風味づけ程度に調味料を使用するのもよいでしょう。

豊かな味覚をはぐくむポイントとは?

赤ちゃんの味覚は、味以外にも、舌触りや食感といった触感、におい、温度、
そして盛り付けや色合いなど、五感を通して発達していくといわれます。

そのため、たとえば「これは甘くておいしいね」
「酸っぱいけど、お口の中がさっぱりするね」などというように、
味を表現し、伝えながら一緒に食べるのも味覚をはぐぐむポイントのひとつになります。

また、同じものを味わって、気持ちの共有・共感をすることは味覚の発達だけでなく、
ココロの発達にもつながります。

そして、いっしょに食卓を囲み、みんなで食べることは楽しいこと、
「楽しい!」ということは「おいしい!」につながっていくことを、
体験を通して伝えていくことも、味覚をはぐくむ上で大切なポイントといえるでしょう。

赤ちゃんは、味付けだけでなく、さまざまな要素をふくめて、
食べ物のおいしさを知っていくのです。

<執筆者・監修者プロフィール>

執筆:青井 梨花(あおい・りか)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー
株式会社 とらうべ 社員。病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験があるベテラン助産師。
現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。プライベートでは一児の母。

医療監修:株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】

“メタボな子ども”が増加中! 「子どもの肥満」はどのくらいから?
母乳とミルク、なにがどれだけちがう?
男児と女児で育て方に違いはある?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加