話題・時事ネタ

2017/03/29

女性が輝ける企業「なでしこ銘柄」に5年連続東急電鉄が選定

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

女性が輝ける企業「なでしこ銘柄」に5年連続東急電鉄が選定

女性が輝ける企業「なでしこ銘柄」に5年連続東急電鉄が選定

東京急行電鉄株式会社は、3月23日(木)経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「なでしこ銘柄」に5年連続で選定された事を発表しました。

「なでしこ銘柄」には、東証一部上場企業の中から業種毎に、女性が働き続ける為の環境整備に優れ、女性人材の活用を積極的に進めている企業が選定されます。

なお、5年連続で選定された企業は、東京急行電鉄株式会社を含め全業種で3社のみです。

妊娠中、子育て中、介護中でも働き続ける事のできる環境作り

東京急行電鉄株式会社では、妊娠、育児、介護によりフルタイムで働く事が困難な社員の為、直行直帰の推進、業務効率化による生産性の向上を進めてきました。

また、2014年10月からは、社内ネットワークに接続できるPCを貸与し、フルタイム勤務が困難な社員の為に自宅でもオフィスと同じように業務ができる在宅勤務も導入しました。

2017年4月1日には企業主導型保育園として申請中の「緑が丘エキナカ保育園」も開園し、子育て中の社員の支援をします。

この「緑が丘エキナカ保育園」は365日開所、月2回程度24時間保育を実施し、鉄道や病院などの深夜や宿泊勤務をしなければならない社員でも他の従業員と同じく勤務シフトに加われるようになります。

経営戦略としてワーク・ライフ・バランスを考える講義も

社長を含む全執行役員、及び全基幹職には、「管理職のマネジメント説明会」が行われ、ワーク・ライフ・バランスについて理解を深めており、上司部下の相互理解もさらに充実するよう図っています。

参考サイト

東京急行電鉄株式会社ニュースリリース

PR TIMES


  • このエントリーをはてなブックマークに追加