床上げ

2017/04/05

産後の床上げに意味はあるの?安静は本当に必要?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後の床上げに意味はあるの?安静は本当に必要?

産後しばらく身体を休め再び復帰することを「産後の床上げ」と言いますが、最近は産後すぐから普段と同じように動くママもいます。産後の床上げの意味ついて、専門家に伺いました。

1児のママからの相談:「産後の安静は本当に必要?普通に過ごしても大丈夫なのでは?」

出産後は安静にするように言われながら、仕事もしていましたし普通に家事をしていました。40歳近くなった現在特に問題はなく、正直なところ無理をしなければ産後普通に生活しても支障はないのではと思います。それとももっと後から支障が出るのでしょうか?できればあと1人産みたいのですが、やはり産後はできるだけ寝て過ごすべきでしょうか。(30代・女性)

安静にした方が、子宮の回復が早い

産後の身体は体力が落ち、免疫力も低下しています。子宮と体力が回復するまでの期間は、少なくとも3週間必要とされています。この時期に安静にすることには、大きなメリットがあります。

産後に安静にした方が良い理由としては、子宮復古を促すことと出産により開いた骨盤が正常な位置に戻ってしっかり固定するのを促すためです。もちろん産後も免疫力や体力が低下していることもあるので、その回復の意味もあるでしょう。産後に動き始めるのは、3週間経過した頃からが良いといわれています。(看護師)
産後安静にする理由は、子宮の回復を促すためです。妊娠・出産で子宮には大きな負荷がかかりますから、休めなければ子宮復古不全や免疫が低下して感染症にかかる可能性もあります。また、骨盤のズレを防止するためにも産後は安静が必要です。(看護師)

産後はできる範囲で安静を!更年期以降に症状が出る可能性も…

家事の程度は昔と異なるので、産後全く家事をしてはいけないとは言えないでしょう。ただし産後の無理が身体に影響し、年をとってから弊害が現れることがあります。やはり、できるだけ安静を心がけた方が安心です。

安静を保てないことで起こるリスクとしては、子宮復古が遅れることや骨盤のズレが生じたまま固まってしまい更年期以降に何らかの症状が強く出る可能性があります。安静にできるのであれば、安静を保っていた方が良いでしょう。(看護師)
産後の床上げという言葉は、昔のような大家族が当たり前の時代の言葉です。現在は、核家族で近隣に頼れる親族がいない世の中です。大家族であれば、兄弟・姉妹や親や祖父母にサポートをお願い出来る時代でしたので、安静にすることも出来たでしょう。現代ではいささか難しいことですので、無理のない範囲にと考えましょう。(看護師)

産後の床上げは、家事が重労働だった昔の習慣に基づいています。現代の状況に当てはめて安静の程度を考えるのは難しいかもしれませんが、ポイントは無理をしないことです。子宮の回復や骨盤のズレを元に戻すためにも、安静にするメリットは大きいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加