産後の骨盤

整体へ行っても、すぐに骨盤が開いてしまいます

産後、骨盤の悩みを抱えるママは少なくありません。整体で骨盤矯正しても、すぐに開いてしまうことに悩むママから相談がありました。専門家は、どのように答えているでしょうか。

産後の骨盤矯正に関する相談:「整体で骨盤を矯正しても、すぐ開きます。骨盤が開きにくくなる姿勢を教えてください」

産後に骨盤が開いたままの状態でいると、身体が歪んで脂肪が付きやすくなったり、肩こりや腰痛などの原因にもなると聞きました。そのため産後は出来るだけ骨盤ベルトを締めたり、引き締め体操を行っています。それでも腰痛が酷い時があるので、骨盤矯正にも月1くらいのペースで通っていますが毎回骨盤が開いていると言われてしまいます。普段から出来る骨盤が開きにくい体勢などがあれば、教えてください。(30代・女性)

日常の動作が骨盤の開きの原因に

骨盤が開く原因となる動作について、教えてくれました。

出産以外で骨盤が開く原因には、足を組んで座る・アヒル座りをする・あぐらをかく・片足だけに重心をかけて立つ・ヒールの高い靴を履くことなどが挙げられます。姿勢の悪さや足を組むなどの日常生活の何気ない行為が、骨盤の開きを引き起こしています。(産科・婦人科看護師)

普段から正しい姿勢を意識して

日常生活では、正しい姿勢を意識しましょう。日常で注意すべきポイントを教えてくれました。

座る時は足を組まないように気をつけましょう。立つ時は背筋を伸ばし、顎を引いて重心を真ん中にして立ちましょう。椅子に座る際は、おしりをきゅっと締めるようにして座ると骨盤が閉じて開きにくくなります。また正しい正座の座り方で座ると、徐々に骨盤のゆがみや開きが矯正されます。整体などで施術を受ける他にも、毎日の生活習慣を見直すことで骨盤の開きは改善出来るので、普段から正しい姿勢を心がけましょう。(産科・婦人科看護師)
腰痛があるようですので、まずは整形外科に相談して骨などに異常がないことを確認しましょう。運動不足が原因で、骨盤がズレて開くことがあります。運動はしっかりされていますか?運動不足や年齢、ストレスでも骨盤は開きますので、筋肉トレーニングを行って体幹を鍛えてみましょう。(看護師)
日々の生活の中では、荷物を持つ時は同じ側で持たないようにしましょう。立つ時や座る時も同じ姿勢ばかりとらないことも、姿勢の矯正や骨盤の開きを防止するために効果的です。短期間でズレるというよりは、日々の積み重ねでズレたり癖がついて開くことが原因です。座る時の足の組み方や姿勢なども骨盤の開きや姿勢の歪みに影響するので、普段から良い姿勢を心がけましょう。(看護師)

座る時に足を組むなど、日常の動作が骨盤の開きにつながります。そのため、普段から正しい姿勢をとるよう心がけましょう。ストレスや運動不足も骨盤に影響するので、運動を取り入れるのも良いそうです。


2017/04/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)