おりもの

この量、普通?毎日おりものシートが必要です

おりものの量や状態はいつも同じではなく、様々なことに影響されます。急におりものの量が増えたり痒みなどの不快感がある場合、なんらかの病気のサインという可能性はあるのでしょうか。

おりものに関する相談:「おりものが多いのは体質でしょうか?」

最近おりもので下着が濡れたり蒸れて痒くなり、毎日おりものシートをつけています。一度病院で診てもらいましたが、特に異常ないと言われました。これは体質なのでしょうか?医師はおりものシートをしない方がいいと言いますが、外すと下着の汚れが気になります。どうすればいいのでしょうか?(20代・女性)

こんな時は量が増える

病院では特に異常はないと診断されていますが、たとえ病的な問題がない場合でも以下のような状況でおりものが増えるのは正常なようです。

おりものは、生理周期やホルモンバランスで変化します。一般的に、排卵期には粘り気のあるトロッとしたおりものになり量が増えます。もちろん個人差がありますが、この時期はおりものシートが欠かせない方も多いです。(婦人科看護師)
おりものは、子宮に雑菌が入るのを防ぐ役割をしています。疲労やストレスなどで免疫力が低下すると雑菌が侵入しやすくなるので、おりものが一時的に多くなる場合があります。(産科婦人科看護師)

緊急性のある状態ではなさそう

医療関係者によると、相談文を読んだ限りでは今すぐに治療しなければならない状態ではなさそうです。

病院で検査して異常がなかったのでしたら、まずはしばらく様子を見てください。(婦人科看護師)
色やにおいに異常がなく量が多いだけの場合、「子宮膣びらん」の可能性があります。これは成人女性の多くに見られるもので病気ではなく、治療の必要はありません。(産科婦人科看護師)
おりものの色やにおいに異常が出てきたり、強い痒みや痛みを伴うことがあれば速やかに病院を受診しましょう。(産科婦人科看護師)

おりもの対策を心がけよう

今のところ病気の可能性は低そうですが、おりものの量が多いことには変わりありません。より安全に快適に過ごせるよう、毎日のケアについてもアドバイスを頂きました。

量が多い時は、ウォシュレットやお尻拭きシートで陰部を清潔にしてください。また、通気性の良い下着を使って蒸れないようにしてください。(婦人科看護師)
汚れたままの下着でいると感染症を起こすこともあるので、面倒でしょうがおりものシートを使って汚れたらこまめに取り替えてください。最近は2枚重ねの製品もありますから、利用してみてください。(婦人科看護師)
通気性の良い下着を身に着けて、こまめに取り換えましょう。また、締め付けのきつい服や下着はなるべく避けましょう。(産科婦人科看護師)
市販のおりものシートを使用して蒸れやすいようでしたら、通気性の良い布製のパンティーライナー(布ナプキン)を使う方法もあります。自分に合ったものを探してみましょう。(産科婦人科看護師)

まずは通気性を良くして、清潔に保つことが大切です。ただし、おりものの色やにおいには普段から注意して、色やにおいが変わったり痒みや痛みなどの不快感が強くなるようなら再度医師に相談しましょう。


2017/04/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)