おりもの

2017/04/14

おりものがゼリー状になるのは過食のせい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

おりものがゼリー状になるのは過食のせい?

おりものの状態は生理の周期によって変わりますが、指で摘める程のゼリー状になるのは何か理由があるのでしょうか。もしくは何らかの病気なのでしょうか。

おりものに関する相談:「ゼリー状のおりものについて」

たまに出るゼリー状のおりものが気になります。おりものシートを使っているのですが、ゼリー状のため吸収されずシートの上にペロンと乗っかっている状態です。指でつまめる程度の半固形です。過食気味の日が続くとこのような状態のおりものが増える気がしますが、放置していても問題ないでしょうか?(20代・女性)

ゼリー状のおりものは排卵期特有のもの

相談者は過食とも関連しているのではないかと考えているようですが、生理周期と食欲には意外な関連があるようです。

おりものは、生理周期やホルモンのバランスで変化します。普段は白色から透明でさらっとしたおりものですが、排卵期になると粘り気のあるトロッとしたものになります。ゼリー状のおりものが排卵期に起きていれば心配ありませんし、この時期に少量の出血が混ざっていても問題ないでしょう。(婦人科看護師)
ゼリー状のおりものは、排卵期特有の正常なおりものです。精子を受け入れ妊娠しやすくするために分泌が促進される「子宮頚管粘液」という少し固めの粘液が含まれているので、指でつまめる程の固さのあるゼリー状となります。(産科看護師)
排卵期には、妊娠の準備を整えるために黄体ホルモンの分泌が多くなります。その影響で、身体に栄養を蓄えるために食欲が増進します。過食のせいでゼリー状になるのではなく、ゼリー状のおりものが出る過食気味の日が排卵期と考えられます。(産科看護師)

無排卵や感染症の疑いも

排卵期なら心配ないゼリー状のおりものですが、以下のような場合は要注意です。ゼリー状のおりものが長く続いている、形状や色が変化していないでしょうか。

排卵期以外でゼリー状のおりものが出る場合は、無排卵の可能性があります。(婦人科看護師)
ゼリー状のおりものが排卵期だけでなくずっと出続けている場合、女性ホルモンの分泌バランスが崩れている可能性があります。この場合はゼリー状のおりものが無排卵のサインということもあるので、早めに婦人科を受診しましょう。(産科看護師)
白くてポロポロしたおりものや黄色から緑色を帯びたおりものは、感染症の疑いがあります。普段から体調とおりものの変化をチェックして、おかしいと思う時は病院を受診してください。(婦人科看護師)

排卵期を知ることが判断の決め手

ゼリー状のおりものが正常なものかどうか判断するには、それが排卵期に起こっているかどうかを確かめることが大切です。

排卵期は、その時の体調で前後することがあります。正しい排卵期を知るためには、出来れば日頃から基礎体温を測っておくようにしましょう。(婦人科看護師)

排卵期は、基礎体温表である程度判断出来ます。長い付き合いになる生理と正しく向き合っていくためにも、基礎体温を測ることを習慣づけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加