喘息(ぜんそく)

2017/04/15

喘息の予防として毎日ステロイド薬を飲ませるべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

喘息の予防として毎日ステロイド薬を飲ませるべき?

検査で喘息体質と診断されたため、発作を防ぐために日常的にステロイド薬を飲むことを医師から提案された相談者さん。ママとしては抵抗を感じているようですが、専門家の皆さんはなんとアドバイスしているでしょうか。

ママからの相談:「今後の小児喘息対策について」

3歳の子どもは、風邪を引くと喘鳴がします。私自身もアレルギー体質で喘息持ちなので子どもにもアレルギーテストを受けさせたところ、アレルギー専門医から「お子さんが喘息体質なのはほぼ確定なので、予防治療を日常的に行うと風邪を引いても喘息症状が出ることを防げますよ」と言われました。予防とは毎日喘息のステロイド薬を飲むというもので、副作用はないようですが抵抗を感じます。予防として飲ませるべきでしょうか。(40代・女性)

医師の指示での服用なら心配ない

長期使用や大量使用による副作用が取り沙汰されていますが、予防として医師が指示する方法に従っていれば心配ないようです。内服治療と併せてホコリやタバコの煙など生活環境にも注意して、喘息予防に努めましょう。

ステロイドの使用に関しては賛否両論ありますが、ステロイドは元々身体の中にあるホルモンですし上手く利用すれば魔法の薬とも言われています。心配される副作用には、色素沈着・満月様顔貌(ムーンフェイス)・免疫力抑制・成長障害などがあります。しかしこれらの症状は、長期に渡って服用したり一時的に大量のステロイドを使用した場合です。これらの副作用はステロイド内服中に少なからず起きる可能性はありますが、医師の指示のもとでの服用でしたら心配ないでしょう。(看護師)
喘息の予防は内服治療のほか、アレルゲンの除去が大切です。こまめに掃除や換気をして、家の中にホコリを溜めないようにしましょう。またペットの毛やタバコの煙も良くありません。(内科看護師)

不安がある場合は医師とよく相談を

ステロイドの使用に対する不安と喘息発作を起こすことによるダメージについて、家族や主治医とよく相談しましょう。ステロイドを使用する場合は、勝手な中断や量の変更などをせず必ず指示通りに使用してください。

ステロイド内服薬は発作を予防するためのもので、長期間内服することがあります。吸入ステロイドを行った後は、うがいをしたり忘れずに水を飲んで下さい。現在の治療法などに不安がある時は、かかりつけの医師と相談して治療を進めて下さい。(内科看護師)
勝手に中断したり、指示量を守らない服用は危険です。ステロイドを使いたがらないお母さんもたくさんいますが、そのためにお子さんが喘息発作を起こす可能性についてはご両親の判断になりますから、主治医ともよく相談してください。(看護師)

ステロイド薬は、長期間大量に使用することによる副作用はありますが、医師の指示のもと使用するのであれば心配ないようです。喘息発作を起こすリスクを考慮したうえで、不安があれば医師とよく相談しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加