花粉症

3歳児の軽い花粉症、病院に連れて行くべきでしょうか

両親共に花粉症があり、3歳の子どものくしゃみやいびきが気になるという相談が寄せられました。症状自体は軽いため病院にいくべきかどうか迷っているようですが、専門家の皆さんはどのようにアドバイスしているでしょうか。

3歳児のママからの相談:「軽い花粉症の症状でも病院に行くべき?」

現在3歳の子どもがいます。去年から春頃になるとくしゃみを頻繁にしたり、寝る時になると鼻が詰まるようでずっといびきをかいています。両親共に花粉症なので、子どもも花粉症なのかなと思っています。本人はあまり気にならないらしく日中も元気に過ごしていますが、このような場合でも病院に行って薬を処方してもらった方がいいでしょうか?何もしないでおくと、年々症状が酷くなるのでしょうか。また、薬を飲む以外にも症状を緩和する方法があれば知りたいです。(30代・女性)

花粉症かどうか調べることが大切

まずは、本当に花粉症かどうかを調べることが勧められています。適切に対処することで、年々ひどくなることも防げます。

子どものアレルギーは成長と共に改善されることもありますが、食物アレルギー→喘息→花粉症といった症状が変化していくアレルギーマーチというのもあります。アレルギーはアレルゲンを特定してなるべくアレルゲンを近づけないことが大切ですから、本当に花粉症なのか調べた方がいいでしょう。花粉の季節に連発したくしゃみ・水のような鼻水・目のかゆみなどがあれば、花粉症を疑っていいでしょう。(産科看護師)
アレルギーの診断には、いつ・どんな症状が出るかの情報が非常に重要です。また、参考所見として血液検査も行います。(産科看護師)
薬を飲むかどうかについても、お子さんのいびきの状況を詳しく聞いて決定して行くと思います。例えばもし自覚はないにしても睡眠の質が良くなさそうであれば、薬を使用する可能性もあるでしょう。(小児科専門医)

生活に花粉を持ち込まない工夫を

鼻のかみ方から洗濯物の干し方、掃除の仕方や外出時の服装まで生活に花粉を持ち込まない工夫をすることで、花粉症の症状を緩和することが出来るようです。

鼻水は飲み込まず、鼻をかんで出すようにしてください。鼻が詰まっている時は、温かい飲み物を飲ませたり鼻の付け根の部分を温めてください。(産科看護師)
花粉の季節は洗濯物や布団は外に干さず、換気は空気清浄機で行いましょう。花粉はホコリと同じように下に溜まりやすく、掃除機で舞い上がってしまうので、まず雑巾がけしてから掃除機をかけてください。(産科看護師)
花粉症であれば、室内に花粉を持ち込まないような努力(家に入る時には服や髪を払う、毛羽立った服は着ないなど)をしましょう。可能であればマスクをする、花粉が多く飛んでいる日には外出を控えることで症状緩和につながります。(小児科専門医)

まずは、花粉症なのかどうか調べることをお勧めします。花粉症の場合、生活に花粉を持ち込まない工夫をすることで症状を軽減することが出来るようです。


2017/04/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)