症状から探す

先天性肥厚性幽門狭窄症は赤ちゃんの嘔吐症状に特徴あり

赤ちゃんの頃は母乳やミルクをよく吐くものです。ですが、生後2~3週間から3カ月頃に、哺乳後毎回といっていいほど噴水のように嘔吐するようになり、体重が減少し始めたら「先天性肥厚性幽門狭窄症」を疑います。今回は、先天性肥厚性幽門狭窄症について解説します。

乳児に起こる先天性肥厚性幽門狭窄症とは

先天性肥厚性幽門狭窄症は、胃と十二指腸の間にある食物の通り道である「幽門」の周りの筋肉が厚くなり、胃の内容物が十二指腸に流れなくなる病気です。日本では、1000人に1人に発症し、男児に多いといわれています。幽門が厚くなると胃の中の内容物が胃に溜まり、胃が張って吐く嘔吐症状を繰り返します。生後すぐの幽門は狭くないのですが、少しずつ消化管の筋肉が厚くなることで幅が狭くなります。生後2週間~3カ月の間に哺乳後よく吐くようになり、筋肉が厚くなればなるほど、噴水のように嘔吐します。ダラダラ吐くのではなく、哺乳後毎回噴水のように嘔吐する場合は病院を受診してください。

乳児の先天性肥厚性幽門狭窄症の症状

先天性肥厚性幽門狭窄症の症状は、飲むたびに吐いてしまい、嘔吐がどんどん酷くなります。噴水のように吐くようになり、吐いてもまたすぐに飲みたがります。飲んでも吐いてしまうのでぐったりし、尿の量も減ります。この頃には脱水症状が起こっている可能性もあります。栄養不良で体重が減少していきます。胃酸を吐くことでアルカリ性になった体液を中性に戻そうとするため呼吸は浅くなり、お腹を押さえると厚くなった幽門のしこりがわかります。

乳児の先天性肥厚性幽門狭窄症の診断と治療法

先天性肥厚性幽門狭窄症が疑われたら、腹部超音波検査(エコー)が行われます。幽門に肥厚(厚さが4mm以上、長さ14mm以上で確定されます)があるか確認し、血液検査も同時に行われます。診断結果が出ると治療が始まります。まず、脱水の治療と栄養補給、アルカリ性になった血液・体液を戻すため、内科的治療を行います。筋肉の緊張を和らげる薬である硫酸アトロピンを服用または点滴を行います。この治療により脈拍が多くなる、頻脈が起こる、喉が渇くなどの症状がでることがあるので、モニターをつけることもあります。しかし、改善までに時間がかかることと、効果が100%ではないため、効果がない場合は外科手術になります。外科的治療では、ラムステット手術が行われます。幽門の筋肉を直接切開し拡げるもので、胃や腸を切除しないため体への負担も少なくすみます。内科的治療で様子をみてから、外科的治療に移行することが多いです。

まとめ

乳児の先天性肥厚性幽門狭窄症は、一度完治するとほぼ再発はないといわれています。生後2週間~3カ月の間に疑われる症状があれば、早期に医師に相談しましょう。早期発見、早期治療することで赤ちゃんへの負担も少なく済みます。


2017/04/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事