症状から探す

子どもの熱性痙攣の特徴と病院を受診するタイミング

熱性痙攣は、風邪やインフルエンザなどで高温が続いた際によく見られる症状です。突然症状が現れて驚きますが、症状の特徴を理解していれば慌てず対処出来ます。ここでは、子どもの熱性痙攣の症状や対処法を解説します。

熱性痙攣かどうかを見極めるポイントは?

熱性痙攣かどうかを見極めるには、まず痙攣の症状を知ることが大切です。以下の症状が現れていないかどうかチェックしてみましょう。

<痙攣の症状>
・突然身体が硬直する
・全身をブルブルと震わせる
・白目をむく
・意識がなくなる
・呼吸が荒く不規則になる
・数分間ある一点を見つめ続ける
・以上の症状が約5分以内におさまる

これらの痙攣の症状が生後6カ月から5歳頃までの子どもに起こり、なおかつ38度以上の熱がある場合は熱性痙攣の疑いがあります。

熱性痙攣は病院に行かなくても平気?検査を受ける目安

子どもの熱性痙攣は身体の成長とともに起こらなくなり、健康上に問題が無いこともあります。一方で、脳の神経細胞に何らかの異常が考えられる場合は脳内検査をする必要があります。子どもが熱性痙攣を起こし、以下の条件に当てはまる場合は脳から異常な電流が出ていることなどが考えられます。病院を受診し、脳内検査が必要かどうか相談しましょう。

<病院を受診すべき熱性痙攣の特徴>
・痙攣が15分以上続いている
・身体のある一部にだけ痙攣の症状が出る
・38度以下の熱で痙攣が起こる

熱性痙攣が起きても解熱剤は与えずに

熱性痙攣は高温の発熱が原因で起こりますが、解熱剤で熱を下げることは避けましょう。熱性痙攣は熱が下がったからといって回数が減ったり治まるわけではないことが分かっています。通常の熱性痙攣であれば5分もすれば症状が治まるため、症状をよく観察し慌てず対処することが大切です。

<まとめ>
熱性痙攣が起こった場合、検査や治療が本当に必要かどうかは慎重に見極める必要があります。重篤な場合は薬で症状を抑える方法がありますが、軽度であれば成長とともに自然と治まることがほとんどです。通常の熱性痙攣であれば、5分もすれば症状が治まります。解熱剤を与えるのは控えましょう。


2017/04/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事