症状から探す

親がパニックに、赤ちゃんの憤怒けいれん

憤怒けいれんとは、乳幼児に見られる泣きすぎてひきつけを起こすことです。生後6カ月~3歳頃の子どもがかんしゃくや激しく大泣きをすると、一過性の低酸素状態になりけいれんの症状が現れます。今回は、乳幼児に多い憤怒けいれんの対処法について解説します。

乳幼児に多い憤怒けいれんとはどんな症状?

乳幼児が激しく大声で泣き叫んだとき、息を吐いた状態のままで呼吸が停止したままチアノーゼや意識消失、全身のけいれん、脱力などを起こした状態を憤怒けいれんや泣き入りひきつけと呼びます。体を後ろに反らせる後弓反張などの症状が出ることもありますが、症状は長くても1~2分以内に治まります。脳波などに異常があるわけでもなく、生後6カ月~3歳くらいの子どもに起こる現象で、年齢とともに自然と症状がなくなります。激しく泣くことで脳が一過性の低酸素状態になり、けいれんが起こると考えられます。また、乳幼児はまだ脳の発達が未熟なため、脳細胞が刺激に対応できずに大きな興奮を起こしてしまい、けいれんが起こるといわれています。強い恐怖感や痛み、感情的な興奮により起こることもあります。
憤怒けいれんの症状には、以下の2つのパターンがあります。発作の持続時間は1分前後が多く、脳に影響はありません。

『青色失神型(チアノーゼ型)』
子どもに起こる憤怒けいれんは、かんしゃく持ちの子や我が強い子によく見られます。激しく泣くことにより息を吐いたまま呼吸を止めてしまい、胸腔内圧が上昇して心臓の血流が妨げられたことにより起こります。

『白色失神型(蒼白型)』
まれなタイプで怖がる子や華奢な子、繊細な子に起こります。突然驚いたり強い痛みを感じることにより迷走神経反射が起こり、心拍が低下したり脳血流減少が起こり失神します。

憤怒けいれんを起こしたときの対処法

憤怒けいれんは、乳幼児に多い反射性のけいれんの一つで、生後6カ月頃から症状が現れ出すといわれています。大泣きが原因で息を吐き過ぎてしまい、呼吸が一瞬止まります。顔や手足にチアノーゼが起こるので、初めてみた方は驚くでしょう。このようなときは、抱っこし声をかけて落ち着かせてあげましょう。生後6カ月頃の赤ちゃんは、自己主張できる年齢でもあり個性が現れる時期だけに、赤ちゃんなりの主張があるのかもしれません。憤怒けいれんを起こしやすい子の場合、大泣きしそうだなと感じたら先に予防に努めます。激しく泣き出す前にあやしたりなだめたりし、気をそらすのも一つの方法です。親が焦ると、その気持ちが子どもにも伝わってしまいます。ゆったり焦らず抱っこし、笑顔で接しましょう。

憤怒けいれんが起きたときは、まず親が落ち着くことです。眠たいときに起こることが多いのですが、子どもを起こそうとして揺するなどの刺激を与えず、安静にしてけいれんが治まるのを待ちます。このとき時計を確認できるようなら、けいれん時間をチェックしておくと医師に相談するときに参考になります。憤怒けいれんを何回も繰り返したり、症状が酷い場合は鉄剤投与を用いた治療もあります。

乳幼児の憤怒けいれんと自閉症やてんかん発作との関係

てんかんは、脳神経細胞が異常に興奮することにより発作が起こります。睡眠中にてんかんが起こることがありますが、憤怒けいれんは睡眠中には起こりません。けいれんや意識障害には類似した部分がありますので、心配であれば憤怒けいれんが起こった日時と回数、時間をメモしておくと医師に相談するときに役立ちます。

自閉症は、生まれたときからの脳の障害です。自閉症の子どもは、物事を上手く伝えるのが苦手だったり、興奮しやすく癇癪(かんしゃく)を起こしやすい特徴があります。大泣きしたり癇癪を起こすことで、憤怒けいれんを起こしやすいです。

<まとめ>
憤怒けいれんが起こっても、親がパニックにならず冷静になることが大事です。子どもの成長とともに激しい大泣きの理由は解消され、憤怒けいれんは、自然に治まっていきます。憤怒けいれん中は、子どももが落ち着くよう揺らさず優しく声をかけ、背中をさすったり抱っこしてあげると良いでしょう。


2017/04/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事