症状から探す

気温と湿度が高い日は、子どもの熱中症に注意

子どもは体温調節機能が未熟なため、熱中症になりやすいです。熱中症が起こるのは屋外だけではなく、屋内でも熱がこもることもあるので安心できません。今回は、熱中症の予防や対策について解説します。

熱中症の原因は外部環境だけでなく、そのときの体調にも拠る

熱中症は、気温が高いだけでなく、湿度や日差しの強さにも影響を受けます。また、寝不足や風邪気味などそのときの体のコンディションにも関係しています。乳幼児は体温が高く、汗をかきやすいですが体温を調整する機能が未発達です。赤ちゃんは大人よりも体重に比べて体表面積は大きく、皮膚から失われる体温や、汗として失われる水分が多いため、熱中症に特に気を付ける必要があります。多量の発汗により脱水してナトリウム欠乏を起こしたり、体温を下げるために皮膚表面の血管を拡張させて血流を増加させることにより内臓への血流量が減り、虚血症状が現れることもあります。熱中症では、軽度のものから命を落とす重症なケースもあるため、注意が必要です。

炎天下にいると大量の汗をかくことで水分や塩分を失い、体温調節が上手くできなくなります。さらに、熱中症は屋外だけでなく、真夏の車内や室内でも発生することもあります。クーラーをかけていたとしても車内は高温になるため、少しの時間であっても子どもを乗せたまま車から離れないようにしましょう。屋外、室内に関わらず、こまめな水分補給と温度管理を行予防することが重要です。

子どもの熱中症の症状

熱中症になると臓器への血流量が減るため、様々な症状が現れます。障害を受けた場所が消化器の場合には「吐き気や嘔吐」が、脳の場合には「頭痛やめまい、立ちくらみ」が、筋肉の場合には「足のこむら返りやけいれん」などの症状が現れます。

熱中症は4つの病型に分類されます。
1.熱失神
のぼせたような状態です。体温は平熱で血管中の血液量が低下し、脳への一時的な血液不足によるめまい、立ちくらみが主な症状です。ときには、失神することもあります。

2.熱けいれん
体温は平熱で、脈拍が弱く速くなります。汗を大量にかき水分だけを補給することで血液中のナトリウム濃度が低下し、筋肉痛やこむら返り、硬直などの症状がみられます。

3.熱疲労
体温が40℃近くになることもあり、脈拍も血圧も低下します。大量に発汗し、脱水症状を起こします。吐き気を伴う頭痛や、嘔吐、全身に力が入らないなどの症状が現れます。

4.熱射病
体温調節機能が働かなくなり、体温が40℃以上になります。脈が速く、血圧は初期は高くなり、その後低下します。発汗が止まると皮膚が乾燥し、けいれんや呼びかけや刺激に反応しない意識障害が現れます。

熱中症の症状が現れた際の対処方法

言動がおかしい、応答が鈍いなどの症状がある場合は、すぐに救急車を呼びます。特に乳幼児は、軽い症状に見えても危険な状態なこともあるため、病院を受診しましょう。
意識がありしっかりしている場合は、風通しのよい日陰やエアコンの効いた部屋で休ませ、吐き気があるか確かめます。吐き気が強く水分が摂れないときは、体を冷やし病院に向かいます。体を冷やしたり、衣服を緩めると少し楽になります。

意識があり水分が摂れるのであれば、応急処置をします。衣服を緩めて体を濡らします。濡れたタオルや霧吹きなどで水を吹き付け、うちわや扇風機で風を送ると効果的です。首元、ワキの下、太ももの付け根といった大きな血管が通っている部分を、氷のうや冷えたペットボトル、保冷剤で冷やすことも有効です。他の病気が原因の場合もありますので、容態が安定しても念のために病院を受診しましょう。熱中症で高熱のときは、熱そのものがこもってしまうことが原因なので解熱剤は効果がありません。また、解熱剤の種類によっては血圧低下をさせてしまうものもあります。

<まとめ>
熱中症を防ぐためには、水分をこまめに摂る、気温と湿度に合わせて衣類を調節する、ベビーカーに日除けや保冷剤を使用してください。特に乳幼児の子どもにはしっかりとした熱中症対策を行うことが必要です。


2017/04/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事