血便

2017/05/02

腸の一部を切除する手術が必要になる腸重積症

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

腸の一部を切除する手術が必要になる腸重積症

腸重積症とは、腸の中に腸が入り込む病気で、2歳以下の男児にみられることが多いようです。 中へ入り込んだ腸は締め付けられるため、十分な血液が行き渡らなくなり、いずれ壊死します。腸重積症を起こすと嘔吐や腹痛、血便などの症状が現れます。今回は、2歳以下で発症することが多い腸重積症の症状と治療法について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加