症状から探す

2017/05/02

細菌感染症である新生児敗血症

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

細菌感染症である新生児敗血症

新生児は免疫機能が十分に発達していないため、様々な細菌に感染しやすいです。新生児敗血症を起こすと、尿量の減少や呼吸の乱れなどの症状が現れます。今回は、新生児敗血症の症状と治療法について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加