症状から探す

細菌感染症である新生児敗血症

新生児は免疫機能が十分に発達していないため、様々な細菌に感染しやすいです。新生児敗血症を起こすと、尿量の減少や呼吸の乱れなどの症状が現れます。今回は、新生児敗血症の症状と治療法について解説します。

新生児敗血症の原因

新生児敗血症は、生後72時間以内に発症する早発型と生後72時間以降に発症する遅発型があります。早発型敗血症は、B群溶血性連鎖球菌や大腸菌、インフルエンザ桿菌、リステリア菌や肺炎球菌などが原因で起こります。遅発型敗血症の原因菌としては、黄色ブドウ球菌や大腸菌、緑膿菌、クレブシエラ菌、セラチア菌などが挙げられます。

新生児敗血症は、お腹にいる週数が短いほどにリスクが高いといわれています。また、通常よりも胎盤が下方向にある前置胎盤、妊娠高血圧症候群、母体感染など様々な理由で敗血症のリスクが高まります。

新生児敗血症の症状

早発型敗血症では、ショック状態やチアノーゼ(酸素不足により皮膚が紫色になる)、呼吸障害など急激な経過を辿ります。遅発型敗血症では、次のような症状が現れます。

低体温や発熱、呼吸数の増加、顔面蒼白、心拍数の増加や減少、尿量の減少、哺乳量の減少、腹部膨満感、嘔吐

これら全ての症状が現れる訳ではありませんが、上記の症状に加えいつもと様子が違うと感じた場合は念のため病院を受診したほうがいいでしょう。

また、敗血症は様々な病気と併発する可能性があります。中でも、脳を覆う膜に炎症が起こる髄膜炎は、昏睡やけいれんなど重篤な症状が起こります。脳性麻痺や精神遅滞、聴力障害、けいれん発作などの後遺症が残る恐れもあります。

新生児敗血症の治療

敗血症が原因で重篤な事態になる恐れがあるため、速やかに抗生物質を投与します。原因となる細菌を特定後、必要であれば抗生物質を変更します。新生児敗血症は生後1週間以上経過した早産児の死亡の原因の1つですが、症状が軽快してからは悪化する心配は無いといわれています。

<まとめ>
新生児敗血症は様々な細菌に感染することで発症する病気で、呼吸数や心拍数の増加、チアノーゼ、意識障害などの症状が現れます。髄膜炎を合併すると後遺症が残ることもあるため、すぐに治療を開始しなければなりません。生後90日以内に発症する可能性があるので、新生児の様子を十分に観察しておきましょう。


2017/05/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事