症状から探す

2017/05/03

筋力がどんどん低下していく多発性筋炎

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

筋力がどんどん低下していく多発性筋炎

多発性筋炎とは、筋肉に炎症が起こる病気です。免疫は、微生物やウイルス、細菌など外敵を排除する防御システムです。しかし、免疫が自らの細胞や組織を攻撃する自己免疫という状態になると、臓器や筋肉などを標的にして攻撃を加え、炎症が起こります。今回は、子どもにみられる多発性筋炎の症状と治療法について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加