血尿

2017/05/04

血尿がみられた場合は注意!子どもの紫斑病性腎炎

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

血尿がみられた場合は注意!子どもの紫斑病性腎炎

腎臓の糸球体は血液をろ過する役割を果たしており、腎臓の機能が著しく低下した状態である腎不全に陥ると、人工透析が必要になります。腎不全へと繋がる病気の1つに紫斑病性腎炎が挙げられます。今回は、子どもにみられる紫斑病性腎炎について解説します。

紫斑病性腎炎とは

紫斑病性腎炎とは、紫色の斑点が皮膚に現れ、腎炎を伴う病気です。異物を生体内から除去する分子である抗体の一種であるIgAという物質が、小さい血管に沈着する(IgA血管炎)ことで発症します。3~10歳の子どもにみられることが多く、冬季に多く発症します。また、溶連菌やマイコプラズマ、麻疹や風疹、水痘などの感染症の後に発症することもあります。

紫斑病性腎炎の症状

皮膚内および皮下組織内に起こる出血(紫斑)の他に、関節痛や軽度の腫れを伴うことがあります。また、一部の患者には腹痛が起こり、その半数に消化管出血がみられます。紫斑が現れる1日~2週間前に、関節痛と腹痛が生じることが多いようです。

また、血液をろ過する腎臓の糸球体に障害が起こります。血尿や蛋白尿が主な症状ですが、過剰な塩分や水分が体内に蓄積されることで、目蓋の腫れやむくみが現れます。高血圧を伴うこともあります。

紫斑病性腎炎の治療法

IgA血管炎と紫斑病性腎炎を合併した場合は、症状の程度に応じて治療法を選択します。血尿のみ、もしくは血尿に加えて軽度の蛋白尿がみられた場合は、経過観察か血液をさらさらにする抗血小板薬を適用します。高血圧や腎機能の低下、中等度以上の蛋白尿などが認められる場合は、腎臓の一部を採取して精密検査を行います。

重症度に応じてステロイド治療や体内で過剰に起こっている異常な免疫反応を抑える免疫抑制薬治療、抗血小板薬治療などを行います。
血尿と高度蛋白尿が持続する場合やむくみが現れている場合は、腎不全に移行する可能性が高くなります。この場合はステロイド、免疫抑制薬、抗血小板薬治療で治療を行います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加