関節痛

2017/05/04

発症時期に応じて現れる症状が異なる伝染性単核症

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

発症時期に応じて現れる症状が異なる伝染性単核症

伝染性単核症は、ヘルペスウイルスの一種であるEBウイルスにより引き起こされる感染症です。感染者のくしゃみや咳などの飛沫にEBウイルスが含まれており、それらが喉の粘膜に付着することで感染します。今回は、伝染性単核症の原因と症状、治療法などについて解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加