症状から探す

かきむしると悪化する子どものとびひの種類と対策法

子どもの代表的な皮膚感染症の一つが、とびひです。とびひはかゆみを伴うことから掻きむしってしまいますが、これにより全身に症状が広がる他、周りの人にも感染するため注意が必要です。今回は、子どものとびひについて解説します。

とびひとは?

とびひは細菌感染による皮膚感染症で、正式名称は伝染性膿痂疹といいます。とびひの原因となる細菌には、黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌等が挙げられます。これらの細菌に感染すると、皮膚に水ぶくれやかさぶたが生じます。症状が出ている皮膚に接触することで感染し、火事の飛び火のように全身に症状が広がることからとびひと呼ばれています。

とびひの主な種類

とびひは大きく分けて水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2つに分けられます。

(1)水疱性膿痂疹
虫刺されやあせもなどで生じた湿疹を掻きむしると、水ぶくれになります。水ぶくれの周りは赤くなり、やがて透明だった水ぶくれの中に膿が溜まります。水ぶくれは比較的簡単に破れるため、内容液や浸出液が他の部位や別の人に付着することでさらに感染していきます。

水疱性膿痂疹の原因は、黄色ブドウ球菌です。この細菌が放出する毒素により皮膚が侵食されることで、症状が現れます。比較的夏に現れます。

(2)痂皮性膿痂疹
赤く腫れあがった部分に膿が溜まり、びらんになると厚いかさぶたができます。これが痂皮性膿痂疹です。痂皮性膿痂疹の場合、炎症が強く痛みや発熱、リンパ節の腫れが生じることがあります。病状が進行すると菌が放出している毒素により全身が赤く腫れあがることもあるため、注意が必要です。

痂皮性膿痂疹の原因は、溶連菌です。アトピー性皮膚炎と併発することも多く、進行スピードが早いという特徴があります。水疱性膿痂疹と異なり季節を問わず年中いつでもかかりやすく、子どもより大人に多く発症します。

とびひになった場合の注意点

とびひは、抗菌薬を投与して治療します。かゆみが強い場合やひどく炎症している場合は、抗ヒスタミン薬や亜鉛華軟膏を使用することもあります。

とびひの原因となる細菌は、他の病気の原因になることもあります。特に乳幼児の場合は、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群に発展しないよう注意が必要です。ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群とは、黄色ブドウ球菌が放出する毒素が血液に侵入することで生じる病気です。高熱、だるさ、皮膚の腫れ等の症状が現れ、やがて皮膚が剥がれ落ちます。ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群になると、入院が必要になります。

とびひは汗をかきやすい夏に多く発生する病気として知られていましたが、近年では暖房の影響を受け冬でも現れることが多いです。
症状が重症化しないよう、家族間で感染者を増やさないためには、・患部を触らない、・皮膚を清潔に保つ、・タオルなど肌に触れるものは共用しないなどの対策が有効です。


2017/04/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事