妊娠初期症状

妊娠初期は、どうして子宮がチクチクするの?

妊娠初期に、子宮がチクチクする方もいます。妊娠初期に子宮がチクチクする原因は何でしょうか。また、生理痛と妊娠初期の子宮の痛みに違いはあるのでしょうか。専門家にお聞きしました。

20代の女性からの相談:「子宮の痛みで妊娠が分かる?妊娠初期に子宮がチクチクするのはなぜ?」

以前妊娠が発覚した際、生理が来る1週間くらい前から子宮がキュッとなり、時々チクチク刺されているような感覚に襲わました。今回も子宮がチクチクすると思ったら、妊娠していました。普段の生理時は子宮がキュッとなりお腹が緩くなるのがサインですが、なぜ妊娠するとチクチク刺されるような感覚があるのでしょうか?(20代・女性)

生理中の痛みと妊娠初期の子宮の痛み方はちょっと違う

妊娠初期に子宮がチクチクする原因は、妊娠によって子宮が膨らむことが関係しているようです。一方、生理痛の場合は子宮が収縮するのでキューという痛み方になるそうです。

個人差がありますが、生理の時は子宮が収縮するため子宮が締め付けられるような痛みが生じます。妊娠すると、女性ホルモンの分泌が盛んになり子宮が赤ちゃんを育てるための環境作りを始めます。この時の女性ホルモンの影響で、チクチクした痛みを感じる方がいます。また、大きくなる子宮にお腹周りの筋肉やじん帯が引っ張られて腰痛・下肢痛・恥骨痛などが起こりやすくなります。(産科婦人科・看護師)
妊娠に伴う症状と、生理前の症状は似ていることがあります。生理前のお腹の痛みは、子宮がキューと収縮するような痛みを感じます。反対に妊娠によるお腹の痛みは、チクチクとした痛みがあります。妊娠によって子宮が膨らみ、足のつけ根周辺の靭帯が引っ張られることによって起こります。この引きつられる感覚が、チクチクとした痛みに感じるでしょう。(看護師)

注意が必要な痛みとは…

妊娠中にチクチク以外の痛みを感じる時は、注意した方がいいかもしれません。骨盤が徐々に開くことによる痛みもありますが、キューと締め付けられたりズキズキする場合は流産の可能性もあります。

生理痛に似た痛みやチクチクした軽い痛みでしたら、妊娠中によく起こることで心配ありません。ギューッと締め付けられる痛み・ズキズキした痛み・継続した痛み・出血を伴う時は、流産の可能性があるので注意しなければなりません。お腹が痛む時は、まず安静にして様子を見てください。30分以上しても痛みが治まらない場合・痛みが強くなる場合・出血が酷くなる場合は、病院を受診してください。(産科婦人科・看護師)
妊娠中は骨盤も徐々に開いてきて、骨盤周囲の筋肉も変化して痛むことがあります。痛みの継続は個人差があり、出産まで続く人や妊娠中期や後期から始まる人もいます。骨盤ベルトを着用したり、軽い運動やエクササイズで解消しましょう。また、痛みがある箇所を温めたり入浴して血行を促すことも有効です。(看護師)

妊娠初期に子宮がチクチクすることは、子宮が膨らむことによる筋肉や靭帯の痛みのようです。ギューッと締め付けられる痛み・ズキズキした痛み・継続した痛み・出血を伴う時は、緊急に対処することが必要な場合がありますので、妊娠初期の子宮の痛みには注意も必要です。


2017/04/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)