おりもの

おりものの量が多くポロポロの状態の時も・・・18歳だけど異常アリ?

今回の相談者さんは18歳ですが、おりものの量が多くシートが手放せないと言っています。ポロポロの状態のおりものが出ることもあり、悩んでいるようです。専門家からは、どのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

おりものについての相談:「忙しい時や不安な時におりものの量が増えています」

今18歳ですが、忙しい時や不安な時におりものがポロポロとした無臭のものだったり通常より量が多いです。おりものシートを手放せず、身体に異常があるのか不安です。これは普通のことなのでしょうか。おりものは、ほぼ毎日出るものなのでしょうか。(10代・女性)

ストレスや疲労で量が増えることも。量よりも色や臭いの変化に注意を

ストレスや疲労は、おりものが増える原因となるようです。通常のものとは違う色や臭いには、注意が必要です。

個人差がありますが、女性ですと誰にでもあることです。生理前や排卵日などにおりものが変化することがありますが、ストレスや疲労があるとおりものの量が増えやすくなります。おりもので注意する点は、量や色、臭いなどです。通常のおりものは白色の半透明で、臭いは甘酸っぱい臭いや無臭です。極端に量が多い場合や悪臭、生理前後以外で茶褐色の色がつく場合は注意が必要です。(一般内科看護師)
おりものは女性ホルモンの影響を受けて分泌するため、経過を見て良い範囲の悩みだと思います。18歳という年齢から、少しずつ子どもの身体から大人の女性に変化していきます。妊娠して子どもを出産するための身体になっていきますので、決して異常なことではありません。(循環器内科看護師)

ポロポロしていたらカンジダ感染症かも。疲れた時に発症リスクが高くなる

おりものがポロポロした形状の場合は、カンジダ感染症の可能性があります。疲労などで免疫力が低下すると、性感染症のリスクが高まります。

色が無色透明から白色ではない場合、受診を検討する必要があります。ポロポロとしたカスのような性質のおりものが出るようですが、痒みは伴いますか?おりものの量だけでは判断しかねますが、痒みを伴う場合は、カンジダなどの感染症が疑われます。(循環器内科看護師)
クラミジアなどの性行為感染症では無症状のこともありますが、おりものの量が増えることがあります。特にポロポロとしたおりものは、カンジダ感染症の可能性があります。カンジダ菌は常在菌で、性器などにも存在します。カンジダ膣炎は、疲労やストレスなど免疫力が低下した時に発症しやすい病気です。無臭でポロポロしたおりもので通常は痒みを伴いますが、初期の場合は痒みがないこともあります。(一般内科看護師)

おりものは、ストレスや疲労により増えることがあります。もっとも臭いや色、形状がいつもと違ったら病気の可能性もあります。あまりにも気になる様子が続くようでしたら、病院で診てもらったほうがいいでしょう。


2017/04/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)