母乳の量

離乳食を始めて体重が減るばかり。卒乳しても大丈夫?

ママの意思で授乳を断つことを断乳、お子さんが自然におっぱいを飲まなくなることを卒乳と呼びます。今回は、卒乳のタイミングと体重が増えない悩みについて、専門家に伺いました。

1歳児のママからの相談:「子どもの体重が標準以下。離乳食+母乳はいつまで必要?卒乳したほうがいい?」

もうすぐ11カ月になる子どもがいます。 8カ月健診で体重が標準よりもかなり少ないので、離乳食に頼らず母乳をたくさん与えてくださいと言われ機会を見つけては母乳を与えていました。しかし体重は増加せず、そろそろ卒乳も視野に入れる時期になってしまいました。体重を増やすためには、いつ頃までどのくらい母乳を与えればいいのでしょうか。(20代・女性)

卒乳のタイミングは、1歳くらいが目安

卒乳の目安は1歳といわれますが、お子さんの様子によって個人差があります。お子さんが母乳を欲しがるかどうか、離乳食をきちんと摂れているかがタイミングを図る目安です。

卒乳の時期やタイミングについては、どのお母さんも悩まれます。お子さんが求めてくるうちは、無理して止めさせる必要はないと思います。卒乳は必ずやってきますし、母子手帳からも断乳という言葉が消えてお子さんから離れていく卒乳が理想とされています。卒乳させるには、お子さんの心の準備も必要です。そろそろ止めようか?とお子さんにも準備期間を与えてください。(看護師)
卒乳の目安としては、3食の離乳食が食べられる・コップやストローで水分が摂れる・母乳を飲む量が減ってきたかが目安となります。食事や水分が摂れていてもお子さんが母乳を欲しがるようでしたら、欲しがるだけあげてください。一般的に1歳くらいを目処に卒乳する方が多いようですが、2~3歳まで授乳したお母さんもたくさんいます。(看護師)

体重には個人差が…神経質にならなくても大丈夫

お子さんの体重がなかなか増えないことは気になりますが、お子さんの体格や体質にも個人差があることを理解しておきましょう。

子どもの成長は気になりますよね、特に乳児期で離乳を考えるのであれば心配もなおさらでしょう。体重が平均よりどのくらい少ないのかにもよりますが、積極的に治療を勧められたわけでなはいようですのであまり神経質になることはありません。平均は、あくまで参考程度にしてください。(看護師)
現在6歳になる私の子どもは、生まれてからずっと平均よりも体重が少ないですが元気に遊びまわっています。たくさん食べても、目標体重に届かないこともあります。個人差・体質があって当然です。当面は子どもが食べるだけは食べさせて、母乳を飲むようであれば飲むだけ与えてください。本人が食べたくなければ無理強いしても食べませんので、本人のペースに合わせましょう。(看護師)

卒乳の判断には、お子さんの母乳への執着、離乳食の摂取量などが関係するようです。体重に関しては、過度に心配せずしばらく様子を見てよいかもしれません。


2017/04/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)