RSウィルス感染症

RSウィルスってどんなウィルス?感染力は?対策は?

1歳の子どものRSウィルス感染についての相談です。聞きなれない病気のため、どんなウィルスなのか知りたいようです。RSウィルスの感染力や感染予防対策、感染後免疫について専門家に聞いてみましょう。

1歳児の子どものママからの相談:「RSウィルスという菌について」

先日息子の体調が悪かったので病院に行ったところ、RSウィルスに感染していると言われました。あまり聞き慣れない病気だったのですが、このウィルスに感染すると登園停止になると言われました。おそらく感染力が強いため登園停止の病気に指定されているのだと思いますが、このウィルスはどのようなウィルスでどれくらいの感染力があるのでしょうか?一度感染したら、免疫はできますか。家族に感染しないようにするには、どんな対策をしたらいいでしょうか?(30代・女性)

小さい子どもが感染する、ありふれた風邪ウィルスの一種

RSウィルスはありふれた風邪ウィルスの一種で、2歳までの子どもに対しては感染力が非常に強いようです。

RSウィルスは、非常にありふれた風邪ウィルスの一種です。成人や学童期のお子さんも感染することはありますが、罹った場合は鼻風邪や軽い咳程度で治まることがほとんどです。しかし、産まれつき心臓や肺に病気をお持ちの方や早産のお子さん、乳児(特に生後半年未満)がこのウィルスに感染すると重篤になる可能性があります。(小児科専門医)
聞き慣れないかもしれませんが、RSウィルスは2歳までのお子さんが感染する呼吸器系の感染症です。大変感染力が強く、2歳までの子どもにほぼ100%に近い確率で感染すると言われています。一度感染すれば安心というわけではなく、複数回感染を繰り返しながら身体の抵抗力が強くなります。(内科看護師)

手洗いやうがい、マスク着用で感染予防を

家族への感染予防については、手洗いやうがい、マスク着用など通常の風邪対策が有効です。また、免疫が低下しないようしっかり休息を取ることも大切です。

感染しても自然に改善することがほとんどであり、通常の風邪予防対策(手洗いやうがい)を行うことが大切です。一度感染しても生涯免疫が持続するわけではなく、何度も罹患する可能性はあり得ます。感染症に対する法律上の規定としては、登園停止が必須なわけではなくリスクに応じて適時対応することが必要なウィルスになります。(小児科専門医)
成人がRSウィルスに感染しても軽症ですむことがほとんどですが、抵抗力が低下していると重症化しやすい傾向にあります。咳やくしゃみをすることで周りに感染を拡大させるので、家族に感染させないようにするためには、手洗いやうがいが有効です。マスクを着用することも大切ですし、しっかりと睡眠や休息を取って疲れを溜めないように周囲の大人が心がけましょう。(内科看護師)

RSウィルスの感染力は比較的強く2歳までにほとんどのお子さんが罹患するようです。その後、何度か感染しながら抵抗力がついていきます。家族への感染対策としては、手洗いやうがい、マスク着用のほか免疫が低下しないようしっかり休息を取りましょう。


2017/04/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)