おりもの

産後、周期的におりものの量が増え、陰部がにおう…

産後は、様々な体調の変化が現れます。産後、おりものの量と陰部のにおいが増したことに不安を感じているママから相談がありました。専門家達は、どのように答えているでしょうか。

30代女性からの相談:「排卵日前後になると、おりものの状態が変化してにおいます」

出産してから排卵日前後になると、透明なゼリー状のおりものが多く出るようになりました。出産前もこのようなことはありましたが、量がコーヒー用スプーン1杯程度だったものが普通のスプーン山盛り1杯程に増えました。そして最近は、陰部がとてもにおいます。いずれの症状も排卵期が過ぎれば治まりますので出産後に体質が変わったのかなと思っていますが、しばらく様子を見た方がいいのでしょうか?(30代・女性)

排卵日前に増えるおりもの

排卵日前は、おりものの量は増えます。

排卵日前からおりものが増えはじめ、排卵当日から直後になると白色から透明で粘り気の強いおりものが増えます。排卵前におりものが増えるのは、膣内を清浄化し雑菌に強くする・膣のうるおいを保つ・受精しやすい環境を作ることが理由と言われています。(看護師)

おりものは多少はにおうもの

おりものには、多少のにおいがあります。その理由と対処法について、教えてくれました。

個人差はありますが、おりものには多少の臭いも伴います。雑菌から膣を守るために膣内が酸性になっているため、やや甘酸っぱいにおいがします。また産後にホルモンのバランスが乱れたり育児による疲労やストレスなどにより、おりものが増えることがあります。おりものは女性のホルモンバランスを反映するため、女性にとっては体調を知るバロメーターにもなります。(看護師)
におうからと洗い流し過ぎると、逆に身体が自分自身を守ろうとおりものを多く分泌してデリケートゾーンを守ろうと反応します。通気性の良い下着にして、陰部が蒸れないよう対応してください。(看護師)

生理周期に関係なく異常を感じたら病院へ

病院を受診すべき目安について、アドバイスしてくれました。

おりものの量が一時的に増えただけの場合は、生理周期によるものが考えられ特に心配はいりません。しかし、おりものの色が黄色~緑色、あるいは褐色~茶色である・悪臭や腐敗臭がする・生理周期に関係なく常に量が多いなど普段の状態と異なる場合は、何らかの病気や身体の不調が隠れている可能性があります。色や臭いが変化した時は、病院を受診しましょう。(看護師)
おりものの量は個人差がありますし、一概に多いから異常とは言えません。量が多いだけでなく、におう点が気になります。排卵日付近だけの症状であれば経過を見ても良い気がしますが、安心を得るためには受診することが確実だと考えます。(看護師)

おりものの色や量は、生理周期に影響されて変化しますし、においも多少伴います。しかし、普段とは状態が違う、生理周期に関係なく常に量が多いなどの異常が見られた場合は受診したほうが安心です。


2017/04/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)