偏食

2017/05/03

4歳児の偏食。お菓子ばかり食べていると肥満になる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

4歳児の偏食。お菓子ばかり食べていると肥満になる?

子どもの偏食は多くの親が抱える悩みです。お菓子ばかり食べたがる子どもに対して、どのように対処すればいいのでしょうか。専門家に聞きました。

4歳児のママからの相談:「食事よりもお菓子ばかり食べる娘。肥満になるのではと心配です」

4歳の娘ですが、晩御飯をほとんど食べずにお菓子ばかり食べます。保育園で給食はしっかり食べているようですが、私の迎えが18時頃になりお腹が空いて泣きます。帰ってから夕飯が出来るまでの間にカロリーの低いおやつを食べさせていますが、いざ夕飯となると全然食が進みません。結局1時間以上かけて半分程しか食べず、30分後にまたお腹空いたとグズりお菓子をたくさん食べます。与えなければいいのでしょうが、晩御飯を十分に食べられていないのと保育園で我慢させていて申し訳ないという気持ちがありついお菓子をあげてしまいます。唯一食べる時間は守っています。やはり今後肥満になるのでしょうか?(30代・女性)

お菓子ばかり与えると栄養不足や肥満に

お菓子をたくさん食べることが習慣になると、御飯を食べる量が減ったり糖分や油の摂り過ぎになります。また、肥満だけでなく栄養不足にもなる可能性もあります。

ご飯を食べず食後30分でお腹が空いたと言うのは、御飯よりお菓子が好きになり「お腹が空いた」と言えばお菓子が貰えると学んでしまったのでしょう。子どもにとって間食は大切な栄養補給ですので、間食自体は悪くありません。しかし、好きな時に好きなだけおやつを与えて食事が疎かになると肥満の原因になります。また、だらだらと食べる習慣も肥満の原因となるので、夜はなるべくおやつを与えない方がいいでしょう。(看護師)
お菓子には、砂糖や油がたくさん使われています。ご飯の代わりにお菓子ばかり食べると、将来的に肥満・糖尿病・虫歯になるリスクがあります。また、成長に必要な栄養が不足して発達にも影響します。(看護師)

間食のルールを決めて守ること!

間食のお菓子は、ルールを決めて食べることが勧められています。ふかし芋など、お菓子以外のものを間食として与えてみてはいかがでしょうか。

間食の時間をしっかり決めましょう。夕食前の間食は、すぐに作れて夕食の一部となるようなおにぎりや焼き芋などがお勧めです。最近は、カロリーや糖質の過剰摂取・偏食・運動不足により、子どもの肥満・小児メタボが増えています。肥満になる前に、正しい食習慣を身につけることが大切です。(看護師)
お菓子が目につくと欲しがるので、買い置きしない方がいいでしょう。ご飯前にお菓子を欲しがる時は、茹でたお芋・スティック野菜・小さなおにぎりなどを食べさせ、ご飯を食べた後はすぐに歯を磨かせましょう。我慢ばかりでは可哀想ですから、お友達が来た時や外出の時などお菓子を食べてもいい特別な日を作ってください。お子さんと話し合い、無理のないおやつのルールを作ってください。夕食を摂れることが大前提として、お菓子の量やタイミングを少しずつ調整しましょう。4歳ということである程度知恵もついていると思うので交渉してくるでしょうが、お母さんの根気も必要かと思います。(看護師)

お菓子ばかり食べていては、肥満や栄養面が心配になります。今のうちに良い食習慣を身につけるため、家庭の中で間食のルールを作って守ることをお子さんと約束しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加