体の部位から探す

喉のイガイガ、痰が絡む時はどのように出すといいですか?

子どもの喉にゴロゴロ痰が絡んでいる場合、どうやって出したらいいでしょうか。3歳児に痰を上手く出させる方法について、専門家の方々に聞きました。

3歳児のママからの相談:「喉に痰が絡んでゴロゴロ。上手に痰を出す方法とは?」

うちの子どもは、風邪を引くとすぐに喉が痛くなります。病院を受診して薬を飲ませるのですが、喉の痛みがあるので痰をしっかり出せる程の強い咳が出ません。また咳が出ないので、いつまでも痰が喉の奥でゴロゴロしている状態です。痰が溜まり過ぎると、夜間咳き込んで吐くことがよくあります。3歳なので難しいと思いますが、どのようにしたら痰が出る咳が出来て、溜まった痰を出すことが出来るのでしょうか?痰があると、いつまでも風邪が治らないような気がしています。(40代・女性)

痰を柔らかくするには?

痰そのものの状態の粘りが強いと、喉から出すのが困難になります。喉の加湿や水分を摂ることで、痰が出しやすくなります。

痰を出しやすくするには、まず痰を柔らかくしてあげましょう。そのためには、しっかり水分を摂ったり去痰剤を適切に飲ませたり部屋をしっかり加湿することが重要です。特に水分をしっかり摂ることは効果的で、風邪などの場合は脱水になりやすく如実に痰が固くなります。(小児科専門医)
痰を出しづらい原因の一つは、乾燥して痰がかたくなっていることです。年齢に関わらず、咳をする力が弱い方には加湿を心がけるようお伝えします。具体的には、部屋の加湿をすることマスクをすることです。3歳というとマスクを嫌がるお子さんもいらっしゃいますが、マスクは自身の呼気によって湿度が保たれますので苦しくなければお勧めです。(医師)
ネブライザーといって、蒸気を吸入する機械があります。クリニックでは薬を混ぜて吸入していますが、水だけでもかなり加湿効果があります。1日3回くらいの使用で、だいぶ痰が出しやすくなると思います。もしネブライザーを使ったことがあるのであれば、かかりつけの先生に相談してレンタルしてみてもいいかもしれません。痰が垂れ込んでしまうと肺炎になることもありますので、気を付けましょう。(医師)

背中をトントンして痰を押し出す

お子さんの痰を出しやすくする方法として、背中をトントン叩いてみることも勧められています。

背中をトントン(寝ている時にはうつ伏せで)としてあげると、肺の奥に溜まった痰が重力の関係からうまく排泄されます。このような対処をしていても咳き込んで吐いてしまうこともあるかもしれませんが、吐くことで意外にスッと痰の引っかかりが取れて楽になることもあります。(小児科専門医)

3歳のお子さんは、自分で痰を出づらいのでママの助けが必要です。子どもが出しやすいように痰を柔らかくして、加湿や水分補給に気を配りましょう。背中を優しくトントンすることも効果があります。


2017/05/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)