チョコレート嚢胞

2017/05/12

生理時のタンポン常用はチョコレート嚢胞の原因になる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生理時のタンポン常用はチョコレート嚢胞の原因になる?

今回の相談者は、タンポンをずっと使っているとチョコレート嚢胞が出来やすくなるという話を聞いたようですが、専門家達はどのように回答しているのでしょうか。

チョコレート嚢胞とタンポンについての相談:「子宮内膜症やチョコレート嚢胞は、タンポンの使用と関係がありますか?」

38歳で出産し、生理は産前と変わらない感じでしたがこの半年ほど急に出血量が増えてきました。生理以外の日に生理痛に似た痛みを感じる時もあり、子宮内膜症を疑っています。その内膜症をネットで調べているうちに、タンポンを使用しているとチョコレート膿疱になりやすいという記述を見つけました。タンポンはもう20年以上使用していますが、内膜症やチョコレート膿疱と関係があるのでしょうか。(40代・女性)

タンポンが関係しているとは考えにくい

タンポンの使用により子宮内膜症やチョコレート嚢胞になる確率が上がるという記述を見つけられたようですが、実際のところ明確なデータはないようです。また、子宮内膜症やチョコレート嚢胞自体はっきりとした原因は明らかになっていないようです。

子宮内膜症の原因は明らかにされていませんが、月経血の逆流が関係しているという説もあります。通常膣の方に流れ出る経血が何らかの理由で卵管の方の腹膜に逆流し、同時に子宮内膜も運ばれるために子宮内膜症やチョコレート嚢胞を発症するといわれています。(看護師)
タンポンと子宮内膜症やチョコレート嚢胞の関係性について、医学的にはっきりしたことは解明されていません。子宮内膜症やチョコレート嚢胞自体、はっきりとした原因が分かっていません。ある報告では「タンポンを10年以上使用すると子宮内膜症になる確率が上がる」といわれているそうですが、逆に「タンポンと子宮内膜症の関連性はない」という説もあるようです。(看護師)
タンポンを使用したからといって経血の逆流が増えることはないですし、子宮内膜症になりやすいとは考えにくいでしょう。また、タンポンが内膜症やチョコレート嚢胞に影響することも考えにくいです。(看護師)

生理痛が酷い場合は子宮内膜症の疑いが

子宮内膜症の特徴として、経血量の増加のほか生理痛が酷くなることが挙げられます。タンポンとチョコレート嚢胞の関係については、現段階では明らかになっていないようです。

子宮内膜症は、経血が増える以外に生理痛も酷くなります。産後に経血が増えることはよくありますが、自身で子宮内膜症を疑うほどなら病院を受診した方が安心です。(看護師)

タンポンとチョコレート嚢胞の関係性については、今のところはっきりとした医学的データはないようです。生理でない時も生理痛に似た痛みがあるようなので、心配なら一度婦人科で検査をした方が安心ではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加