母乳

母乳が出すぎて困ってしまう。何か良い対策は?

母乳の出が良すぎると、授乳中以外にも母乳が染み出てしまうことがあります。今回の相談者さんは、母乳パッドからも漏れ出てしまい服がびちょびちょになると悩んでいます。専門家達は、どのようにアドバイスしているのでしょうか。

生後1カ月のママからの相談:「母乳パッドでは間に合わないほど、母乳が漏れ出てしまいます」

生後1カ月の子どもがいます。産後すぐに授乳し、今は母乳のみでミルクは足していません。母乳は足りているようなので喜ばしいことですが、授乳中以外にも母乳が出て困っています。母乳パッドをつけていますが、パッドからも漏れて服がびちゃびちゃになる程です。胸は張っているわけでもなく、柔らかいです。パッドをつける以外に、服を汚さない方法はあるのでしょうか。(20代・女性)

圧を抜く程度に軽く搾乳しましょう

胸が張って困る時や授乳の前など、圧を抜く程度で良いので少し搾乳しておくと楽になるようです。母乳パッドで間に合わない時はタオルやガーゼを使用し、外出先ではミニタオルなどを下着の間に挟んでこまめに取り替えましょう。

母乳が出ないのも困りますが、出過ぎるのも大変です。まだ赤ちゃんの飲む量が少ないので、おっぱいとの調和が取れていないのでしょう。漏れが酷いようなら、こまめに母乳パッドを取りかえましょう。パッドで追いつかない場合は、ハンドタオルやガーゼも利用してください。(産科看護師)
量が多く母乳パッドで間に合わない時は、パッドの代わりにタオルを使用するといいでしょう。タオルを下着の間に挟んだり服と下着の間に巻くと、母乳の漏れを吸収してくれます。外出時は、母乳パッドの代わりにミニタオルを使用して少し濡れたと思うタイミングでこまめに取り換えましょう。(産科看護師)
授乳の間隔があいた場合、搾乳しておくと母乳が滲み出てくるのを防ぐことが出来ます。ただし、搾乳し過ぎると母乳の生産を刺激するので、5~10分程度に留めましょう。(産科看護師)
授乳の前に少し出の良い方を搾乳してパッドやガーゼを当て、もう片方から授乳します。このようにすると余分な母乳が流れ出ていきます。おっぱいが空になると余計に母乳を作ろうとするため、搾乳時は絞り過ぎず圧を抜く感覚で行ってください。(産科看護師)

痛む時は濡れタオルなどでゆっくりと冷やしてみて

胸が張って痛む時は、濡らしたタオルなどでゆっくりと冷やしましょう。授乳中は喉が渇きやすいですが、授乳後はおっぱいの張り具合など考慮して少しずつ水分補給をして下さい。

授乳以外で胸が張る時は、冷たいタオル等で冷やして下さい。急に冷やすと良くないので、水で濡らしたタオルでシップすると良いでしょう。食事は低カロリーで、脂肪分の少ないものを摂るようにして下さい。(産科看護師)
授乳中は喉が渇き、水分を大量に摂りすぎる傾向にあります。授乳直前はたくさんの水分を摂取しても構いませんが、授乳後は胸の状態を見ながら少しずつ水分補給をして下さい。(産科看護師)

今はまだ、赤ちゃんへの授乳量と母乳の生産量のバランスが整っていないようです。漏れる量が多い時はハンドタオルなどを利用し、授乳前は少し搾乳しておくと母乳が滲み出てくるのを防ぐことが出来ます。


2017/05/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)