話題・時事ネタ

2017/05/08

「母の日」どうしたい?どうされたい?母・子の想いがあきらかに

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「母の日」どうしたい?どうされたい?母・子の想いがあきらかに

2017年5月14日(日)は「母の日」

株式会社マクロミル(東京都港区)は、2017年「母の日」に関する調査を実施しました。

今回の調査は、株式会社マクロミルがインターネットを通じて調査した結果をまとめたものです。

全国20~69歳の男女1000名に調査を実施

調査は全国20~69歳の男女1000名を対象に、以下の設問に答える形で行われました。

  • 2017年「母の日」にプレゼントしたいもの
  • 2017年「母の日」の平均予算
  • 「母の日」に対する母の気持ち
  • 「母の日」に子どもにしてほしいこと
  • 今年の「母の日」に自分の母親にしたいこと
  • 去年の「母の日」に何もしなかった理由
  • 人生の節目毎の「母の日」の状況
  • 「母の日」に母に伝えたいメッセージ
  • 母親たちは子どもに何をされたいと思っているのか、また、子どもたちの今年の「母の日」の計画は何なのかに関する内容となっています。

    母と子の想いのギャップが明らかに

    子ども達の2017年「母の日」計画は、「プレゼントを贈りたい」が56%でダントツ1位でした。プレゼント内容は、1位が「花束」で40%、2位が「お菓子・スイーツ」で35%、3位が「服」で12%となっています。

    母の39%は「子どもから何かされたい」、81%が「子どもが何かしてくれたら嬉しい」と回答しています。「母の日」に子どもに何をしてほしいかを尋ねると、1位「感謝の言葉を伝えてほしい」が30%、2位が「一緒に過ごしたい」27%、3位が「家事を代わったり手伝ったりしてほしい」14%という結果になっています。母親達は、会話や一緒に過ごすなど、プレゼントよりも感謝の気持ちを望む傾向があります。

    参考サイト

    株式会社マクロミル


    • このエントリーをはてなブックマークに追加