授乳中の食事

2014/07/04

母乳育児はお腹が減る!!何を食べたら太りにくい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

母乳育児はお腹が減る!!何を食べたら太りにくい?

母乳で子どもを育てられている多くの方は、母乳育児中に自分でも驚くほどおなかが減ることに驚かれているのではないでしょうか。赤ちゃんに栄養をたくさんあげているわけですから、どうしてもお腹が減ります。そうなると難しいのがママの体重管理です。医療やヘルスケアに関する悩みを専門家に相談できる「なるカラ」にも、「母乳育児中なのに痩せない…」という切実な悩みを持つママからの相談がありました。

ママからの相談:「夜の間食のせいか、母乳育児の最中なのにまったく痩せません…」

一度子供と一緒に夕食を食べたのに、旦那さんの夕食時にもう一度一緒に食べてしまう。我慢することでかえってストレスを抱えてしまうため、なかなか食べるのをやめられない。そんなママからの質問です。

現在3歳の子供と7ヶ月の乳児の育児をしております。旦那の帰宅時間が遅いため、私は子供と18時ごろ夕食を済ませます。その後旦那が帰宅し22時半頃夕食をとるのですが、食事を温めているうちに、つい小腹がすき、あまりものを一緒に食べてしまいます。食べなければいい話なのですが、お腹が空くのを我慢していると、イライラしてしまうのです。 夜遅くに間食しているせいか、母乳育児の真っただ中なのにまったく痩せません。むしろ、ここ3ヶ月で2キロほど太ってしまいました。寝る前に、小腹を満たしてくれて、食べても太らないようなものはあるのでしょうか?

お腹がすくのは当然、ガッツリと食べてしまわない対処法を考えよう!

「本来は22時以降の食事は控えたほうが良いですが」という前置きのもと、看護師さんや管理栄養士さんから、どうしてもお腹が減るママのために様々な工夫をご提案いただきました。ポイントは、勢いに乗じてたくさん食べすぎないということのようです。

お子さんたちと一緒に食べる量を減らすのはいかがでしょうか?夕食の一品を残しておき、その一品は旦那さんと一緒に食べる、という方法がいいかもしれません。(看護師)
旦那様の食事を準備する際につまみ食い程度に食べるというのはいかがでしょうか。ガッツリ食べるのではなく、お腹を落ち着かせる程度でとどめることがポイントです。(看護師)
少し食べても満足できずに食べてしまいそうになったら歯磨きして、気持ちを切り替えてもいいかもしれません。無理をなさらず、工夫してみてください。(管理栄養士)

寝る前にどうしても食べたくなった、さて何を食べるのが適当?

では食べるとなると、具体的にどのようなものであれば体重の増加を防げるでしょうか?母乳育児中なので特に成分には注意が必要とのことですが、飲み物でお腹を膨らませる、ゼロカロリー健康管理と食事のプロである管理栄養士や看護師から様々な回答が寄せられました。

0キロカロリーの炭酸飲料はいかがでしょうか。炭酸によっておなかが少し膨らみます。(管理栄養士)
0キロカロリーの寒天ゼリーや人工甘味料を利用したゼリーなどは甘みを感じて、満足感が得られるかもしれません。ただし、人工甘味料は体にいいものではないとの説もありますので、大量に摂りすぎないことが大切です。(管理栄養士)
きゅうりやトマトなどの、ドレッシングをかけなくても食べられるような野菜はどうでしょうか。(看護師)
お味噌汁やスープなどでご主人と食卓をともにするのもよいと思います。 (看護師)

育児や家事に追われてしまいがちなママにとって、間食はほっと一息つける時間でもありますよね。時間や、食べ方、食べるものなど上手に工夫をして、ぜひストレスを溜めないきれいなママを目指してください!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加