目やにがたくさん出る

子どもによく見られる結膜炎は感染力も強い

結膜炎にはウイルス性とアレルギー性があります。ウイルス性結膜炎は感染力が非常に強いため、登校が禁止されます。子どもに結膜炎の症状がみられた場合は医療機関を受診し、ウイルス性結膜炎と診断された場合は二次感染を予防する対策をとりましょう。今回は、乳幼児にみられる結膜炎について解説します。

子どもの結膜炎の原因

子どもの結膜炎はウイルス性とアレルギー性に大きくは分類されます。

<ウイルス性結膜炎>
ウイルス性結膜炎には次のような種類があります。

(1)咽頭結膜熱
アデノウイルスが原因で起こる結膜炎で、目やにや充血、高熱や咽頭の腫れなどが現れます。プール熱とも呼ばれ、非常に感染力が強いことが特徴です。

(2)流行性角結膜炎
アデノウイルスが原因で起こる結膜炎で、はやり目とも呼ばれます。白目の充血や目やに、目の痛みなどが現れます。

(3)急性出血性結膜炎
コクサッキーウイルスやエンテロウイルスの感染が原因で、アポロ病とも呼ばれます。結膜の毛細血管から出血し、強く充血します。

<アレルギー性結膜炎>
アレルギー性結膜炎は、花粉やハウスダスト、ダニなどのアレルゲンに対する防御反応により起こります。ウイルスや細菌など感染性の病原体が原因となるわけではないため、周囲に対して感染が拡大する心配をする必要はありません。同じ結膜炎でも、ウイルス性の場合と比べて症状の出方にも違いがあります。すなわちアレルギー性結膜炎の場合には①両目同時に充血や涙目が生じる、②鼻水(特に透明な)や鼻詰まり等いわゆるアレルギー症状を同時に認める、③適切な治療が行われないと数週間から数カ月単位で症状が持続する、などが挙げられます。

ウイルス性結膜炎の治療

ウイルス性結膜炎を起こすと、学校など集団生活の場で感染が拡大する恐れがあります。そのため、流行性角結膜炎と急性出血性結膜炎の場合は医師の許可を得られるまで、咽頭結膜熱の場合は症状が消失して2日経過するまで登校が禁止されます。また、家族内感染を防ぐために、タオルやハンカチの共有を禁止し、目やにを拭いたティッシュなどはビニール袋に密閉して廃棄しましょう。手を介して感染する場合があるので、手洗いを徹底することも大切です。ウイルス性結膜炎の場合は、対症療法が主流となります。具体的には充血や目やにに対しての点眼薬を適宜使用することがありますし、発熱等の全身症状を伴うようであれば解熱剤が適応されます。

赤ちゃんにみられる結膜炎

幼児期に生じる上記結膜炎と異なり、赤ちゃんの場合は新生児特有の結膜炎を起こすことがあります。

(1)先天性鼻涙管狭窄及び閉塞
目と鼻との間には「鼻涙管」と呼ばれる管が存在し、目で産生された涙はこの鼻涙管を通って鼻に移動する仕組みとなっています。新生児の中にはこの鼻涙管が非常に狭い(極端な例ではふさがっている)お子さんがいらっしゃり、過剰な涙が目に滞ってしまう場合があります。それにより、片目もしくは両目から涙や目やにが溢れ結膜炎を起こすことがあります。

(2)産道感染による結膜炎
産道に存在する病原菌は、新生児の結膜に感染することがあります。以前は淋病が原因で起こる淋病膿漏眼が多かったのですが、近年は性感染症に伴うクラミジア感染症による結膜炎が増えてきています。その他、黄色ブドウ球菌を始めとした常在菌が原因となることもあります。病院の方針にもよるのですが、出産後すぐに予防策として点眼薬を使用することも多いです。発症した場合には、粘り気のある目やにや腫れなどの症状が現れます。


2017/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事