紫斑

2017/05/21

症状が出現してからの進行が早い小児急性白血病

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

症状が出現してからの進行が早い小児急性白血病

子どもに起こる白血病の多くは急性白血病であることが知られており、症状が出現し始めてから病気の進展スピードが早いことが特徴です。中には放射線や特定の遺伝子異常等、明確な因果関係が解明されているものもありますが、そのほとんどは何故白血病に至るのか明らかになっていません。今回は、小児急性白血病の症状と治療法について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加