産道を通る際に発症する頭血腫

赤ちゃんは生まれてくるときに、狭い産道をくるくると頭を回転させながら通り抜けます。この時、外から強い力が加わると頭部に血腫ができることがあります。今回は、産後間もなく現れる頭血腫について詳しく解説します。

新生児に起こる頭血腫とは?

陣痛の開始と共に、赤ちゃんの頭は骨盤の中にはまるように入り込みます。陣痛が始まると赤ちゃんの頭は骨盤の形に合わせて下がり始め、陣痛が本格的になると骨盤の中にある骨産道の入り口の形に合わせ頭の向きを変えます。その後、ママの背中に顔が向くような状態になるまで回転します。

このように赤ちゃんはくるくる回転し通りやすい場所を探しつつ、何とか産道を通って出口を拡げ、産道を通り抜けます。この時外から加わる力により、頭蓋骨を覆う骨膜の一部が剥がれることがあります。剥がれた部分に血液が溜まりコブ状にできた血腫を、頭血腫(とうけっしゅ)と言います。頭血腫は自然分娩で発生することもありますが、多くは吸引分娩や鉗子分娩(かんしぶんべん)により発生すると考えられています。

頭血腫の見分け方

頭血腫は、出生直後は明らかではありませんが、生後2、3日かけて次第に腫れ目立ち始めます。血腫は血液が蓄積していることから生じていることから、血腫部位に触れるとぶよぶよした感じ(波動性と言います)がします。貧血や身体に悪影響を及ぼす程の大量出血が起こることはまれであり、自然に吸収されて消失する場合がほとんどです。

新生児の頭部にできるコブには、血腫の他にも産瘤(さんりゅう)や帽状腱膜下血腫(ぼうじょうけんまくかけっしゅ)があります。産瘤は頭血腫に比べ柔らかく、押すと粘度のようにへこみます。頭血腫の場合は、押しても痕がつくことはありません。帽状腱膜下血腫はコブの大きさ、出現範囲で切り分けができます。帽状腱膜下血腫は貧血に至るほどの出血に至ることもまれではありません。そのため特に頭蓋骨の骨同士のつなぎ目よりも大きいコブは、帽状腱膜下血腫の可能性が高いため注意が必要です。

頭血腫が見られる場合の対処法

頭血腫のほとんどは自然治癒が見込めるため、治療法は特にありません。頭血腫は約2~3カ月で血液が体内に吸収され消失します。コブに強い刺激を与えなければ、入浴しても構いません。しかし、稀に黄疸が強く出たり頭蓋骨にひびが入る場合があり、これらの症状が現れた場合は特別な治療が必要になります。

頭血腫は生後間もなく現れる症状であり、産後の入院期間に判明する場合がほとんどです。医師に頭血腫の可能性を指摘されても、多くは自然治癒が見込めるため刺激を与えないよう注意して赤ちゃんのお世話に専念しましょう。


2017/06/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事