子どもが感染しやすい「流行性角結膜炎」の基礎知識

流行性角結膜炎は子どもが感染しやすい目の病気の一つであり、感染力が強いことで知られています。ここでは、流行性角結膜炎の原因や症状、治療法と共に、感染を拡げないためのポイントについて解説します。

感染力の強い「はやり目」はどんな病気?

流行性角結膜炎は、ウイルスの感染に伴い炎症(結膜炎)を発症します。結膜は外界と接しており、様々な病原菌やウイルスにさらされやすい組織です。
流行性角結膜炎の原因となるウイルスは、アデノウイルス(8型、19型、37型など)と
考えられています。感染力がとても強い病気として知られ、「はやり目」とも呼ばれています。そのため、流行性角結膜炎の人の目に触れた手で物を触り、それを介して感染が広がることがあります。そのため、タオルの共有は避けた方がいいでしょう。しかし、流行性角結膜炎は空気感染しません。

流行性角結膜炎の症状をチェック

流行性角結膜炎の主な症状を、以下に挙げます。
・ 白目が充血する
・ 目やにがよく出る
・ 異物感があり目がゴロゴロする
・ 光をまぶしく感じる

かゆみはほとんどありませんが、進行すると瞼の裏側に偽膜(ぎまく)という白い膜が発生することがあります。偽膜は大人より子どもに生じやすいといわれています。また、眼以外の症状として、耳の前方のリンパ節の腫れや押すと痛みが生じる圧痛がみられます。

アデノウイルスに感染し、流行性角結膜炎を発症するまでの潜伏期間はだいたい1?2週間です。

流行性角結膜炎を移さないためのポイント

流行性角結膜炎の原因であるアデノウイルスに効く薬はないため、治療は点眼により炎症を抑えるなどの対症療法が基本です。また、角膜に濁りがみられる場合はステロイド剤を使用することがあります。

流行性角結膜炎は、学校保健法で「学校感染症」の第三種に指定されている病気です。医師が周囲へ感染するリスクがないと判断するまでは、登校してはならないことになっています。流行性角結膜炎と診断されたら、家族や周囲の人に移さないよう以下のように対処しましょう。

・ こまめに手洗いをする
・ 使い捨てのもの(ティッシュペーパーなど)で目を拭く
・ タオルを共有しない
・ お風呂は感染している人が最後に入る

<まとめ>
流行性角結膜炎の原因は、アデノウイルスです。発症すると充血や目やになどの症状が現れますが、かゆみはほとんどありません。アデノウイルスに効く薬はないため、抗炎症剤の点眼を行うなどの対症療法が一般的です。流行性角結膜炎に感染したら、他の人に移さないよう手洗いをこまめにし、タオルを共有しないなどの予防策を実践しましょう。


2017/05/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事