新生児に発症する涙のう炎の治療方法

涙?炎は、涙が通過する経路が部分的に塞がり、涙のうという器官に炎症をきたす病気です。鼻涙管の閉塞は、生まれつき鼻涙管に形成異常がある先天性のケースと、鼻や目の病気が原因で発症する後天性のタイプがあります。ここでは、涙のう炎が発症するメカニズムや治療方法について解説します。

涙液はどのような経路をたどって排出される?

涙?炎は、涙が通過する経路が閉塞し、涙を溜めておく涙のうに炎症をきたす病気です。

涙には眼球に潤いを与え保護する役割があり、常に少量分泌されています。涙腺から分泌された涙は、眼球を潤した後に目頭にある涙点という小さな穴に吸い込まれ、涙小管という細い管を通過して眼球の内側にある涙のうという袋状の器官に流入します。そして、涙?から鼻涙管を通り、鼻孔(鼻の穴)へ排出されます。

涙のう炎を引き起こす鼻涙管閉塞とは?

涙のう炎は、この経路が部分的に塞がれることが原因で発症します。涙が通過する経路が塞がる原因として、鼻涙管閉塞が挙げられます。

鼻涙管閉塞は先天性と後天性があり、先天性の場合、鼻涙管の途中が生まれつき膜状のもので閉塞した状態が多いです。
生まれつき鼻涙管に形成異常がみられることを、先天性鼻涙管閉塞症といいます。涙がスムーズに流れないため目に涙や目やにが溜まりやすく、細菌感染を起こすことがあります。先天性鼻涙管閉塞症に伴う涙のう炎は、赤ちゃんのときに目やに等の症状をきっかけとして診断されやすいため新生児涙のう炎と呼ばれています。

後天性の鼻涙管閉塞の原因は、以下のような鼻や目の病気が多いといわれています。

・ 鼻炎
・ 蓄膿症
・ ポリープ
・ 結膜炎

涙のう炎を改善する代表的な治療方法

先天性の涙?炎は、抗生物質の点眼を併用し、涙のうをマッサージすることにより通りがスムーズになります。涙のうマッサージをしても自然開通が見込め場合、涙点から鼻涙管へとブジーという細い針金のような器具を差し込み、涙の流れを遮っている膜を突き破る鼻涙管開放術を要するケースもあります。

後天性の涙のう炎の治療は、涙のうに膿が溜まっていない場合はブジーによる鼻涙管開放術を実施することが多いです。しかし、それだけでは再発する可能性があるため、細いシリコン性のチューブを一定期間鼻涙管に挿し入れ、涙が流れる経路を確保する方法を併用することがあります。

<まとめ>
目を保護する役割のある涙は、涙点に流入した後に涙小管を通過して涙?という袋状の器官に入り、鼻涙管を通り鼻孔へと排出されます。この一連の経路が部分的に閉塞すると、細菌感染を伴う涙?炎を引き起こします。涙?炎の治療は涙?マッサージの他、ブジーという器具を用いて鼻涙管を開通させる鼻涙管開放術などの方法があり、症状や月齢などを考慮して適切な方法が選択されます。


2017/06/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事