再発しやすい滲出性中耳炎

中耳炎は子どもに多く見られる耳の病気の一つです。中耳炎には、急性中耳炎と滲出性中耳炎があり、痛みや熱を伴う急性中耳炎に対し、滲出性中耳炎は症状を自覚しにくいのが特徴です。今回は滲出性中耳炎の症状と発見方法、そして治療法について解説します。

滲出性中耳炎とは

耳の穴の奥には鼓膜があり、さらにその奥には鼓室(中耳腔)と呼ばれる部屋があります。鼓膜から鼓室にかけての部分は中耳と呼ばれ、中耳炎はこの中耳に炎症が起きる病気です。免疫機能が未発達な小さな子どもに、特に多く見られます。

中耳炎には、急性中耳炎と滲出性中耳炎があります。風邪などの際に鼻の奥で増殖した細菌やウイルスが「耳管」を通って中耳侵入し、炎症を引き起こすのが急性中耳炎です。

一方、滲出性中耳炎は、急性中耳炎の後に耳管に炎症が残ることで発症します。耳管には鼓室に通気を送る働きがありますが、炎症により耳管の機能が低下すると鼓室に気体が届けられないため気圧が低下します。そして、気圧の低い状態が長く続くことで、鼓膜が内側にへこみ、周りの粘膜から水分が鼓室内に滲み出るなどの症状が現れます。この滲み出た液体が鼓室に溜まる状態が滲出性中耳炎です。

滲出性中耳炎の症状

急性中耳炎の場合は耳の腫れや痛み、発熱、耳だれなどの症状が見られますが、滲出性中耳炎は、一般的にこれらの症状は見られません。そのため、滲出性中耳炎は急性中耳炎と違い発見しにくいと言われています。滲出性中耳炎の主な症状は、耳が詰まる感じがしたり耳が聞こえにくくなります。小さな子どもは自分の症状を自覚しにくいため、子どもに以下のような兆候がある場合は、滲出性中耳炎の可能性があります。

・近くで呼んでも返事をしない
・話す声が大きい
・耳をよく触る
・テレビの音を大きくし、近づいて見る

滲出性中耳炎の治療法

滲出性中耳炎は原因や症状に合わせて治療法が異なるため、まずは検査を受けましょう。中耳炎の発症原因が鼻やのどの病気の場合は、その病気をきちんと治す必要があります。治療を行いながら、内服薬などを用いて耳管の治療も進めます。

鼓室に溜まった液体がなくならない場合は、鼓膜を切開して吸引します。処置後すぐに滲出液が溜まることもあり、その場合は切開した鼓膜にチューブを挿入して鼓室内の気圧を戻し、滲出液の排出を促すこともあります。

子どもが急性中耳炎の治療を終えたと思っても、その後すぐに滲出性中耳炎を発症することもあります。滲出性中耳炎は症状がわかりにくく、なかなか気づきにくいものです。お子さんの耳が聞こえにくくなっていると感じた場合は、一度耳鼻咽喉科か小児科を診てもらいましょう。滲出性中耳炎は放置すると難聴や慢性的な中耳炎を起こすこともありますので、症状に気付いたら、早めに治療を行いましょう。


2017/06/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事