子どもの夏風邪、ヘルパンギーナってどんな病気?

発熱や口腔内の水ぶくれなどの症状が見られるヘルパンギーナ。ヘルパンギーナは、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)とともに「子どもの三大夏風邪」といわれている病気です。今回は、ヘルパンギーナの原因や、感染したらどのように対処すればいいのかを解説します。

ヘルパンギーナってどんな病気?

ヘルパンギーナは夏風邪と呼ばれるものの一種で、主に乳幼児に感染する病気です。毎年6~8月頃に流行します。

ヘルパンギーナにかかると、次のような症状が見られます。

・突然39度以上の高熱が出る
・のどの痛み
・のどの粘膜が赤く腫れる
・口の中に1~数mmの水ぶくれができる

また、口の中が痛むために不機嫌になったり、食事や水分を摂れなくなることで脱水症状を起こすこともあります。
もしお子さんが夏場に突然高熱を出したら、ヘルパンギーナである可能性があります。急な発熱で驚くかもしれませんが、ヘルパンギーナの場合は一般的に2~4日で熱は下がります。

中には稀ではありますが、心筋炎や髄膜炎を起こすこともありうるため注意が必要な病気です。

ヘルパンギーナの原因は?

ヘルパンギーナは、「エンテロウイルス」というウイルスの感染によって発症します。エンテロウイルスには様々な種類があり、中でも主にコクサッキーウイルスが原因となっています。ウイルスは、2~4日程度の潜伏期間を経た後に発熱などの症状を引き起こします。

子どもがヘルパンギーナにかかったら

ヘルパンギーナのウイルスに効く特効薬はありません。そのため、病院では症状に応じた薬が処方されます。例えば、高熱の場合は解熱剤、口の中の痛みを和らげるためには鎮痛剤や粘膜を保護するための軟膏などが使われます。

家庭では、脱水症状を防ぐためにこまめに水分を与えることが重要です。水分は牛乳や冷めたスープ、麦茶などのどごしが良いものを与えましょう。オレンジジュースなどは刺激があるためおすすめできません。また、食べるものも刺激の少ないものにしましょう。例えば豆腐やゼリー、プリンなどは柔らかく、噛まずに飲み込むこともできるためおすすめです。

ヘルパンギーナをうつさないために

もしお子さんが保育園などに通っている場合は、他の子どもにうつさないよう気を付ける必要があります。ヘルパンギーナの出席停止期間は明確に決められていませんが、熱が下がり口の中の痛みがなくなるまでは保育園や学校は休ませましょう。登園/登校について疑問がある場合には、かかりつけの先生に相談しましょう。

また、ヘルパンギーナはまれに大人にも感染することがあります。大人が感染した場合は発熱や咽頭痛等の症状が重くなる傾向があるので、子どもがヘルパンギーナになったときは家族も手洗いを徹底する、マスクを着用するなど感染を防ぎましょう。

ヘルパンギーナは、夏風邪の一種でウイルスによって感染する病気です。もしお子さんに感染の疑いがある場合は、小児科を受診しましょう。症状に合わせた薬を服用し、しっかりと水分補給を行って回復を待ちましょう。

参考
国立感染研究所


2017/05/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事