子どもの首に腫れが生じる「川崎病」の基礎知識

川崎病は乳幼児に発症することが多い病気なので、基本的な概要を知っておきましょう。ここでは、川崎病の代表的な症状や合併症のリスクについて説明します。

川崎病にはどのような症状がある?

首のリンパ節が腫れる原因は多岐に渡りますが、その一つとして全身の血管に炎症を起こす川崎病が挙げられます。川崎病は1歳をピークに4歳以下の子どもに発症することが多いといわれています。

川崎病は以下の症状をもとに診断されます。

・ 38度を超える高熱が5日以上続く
・ 両目の白目が充血する(両側眼球結膜充血)
・ 唇が赤くなる
・ 舌に赤いブツブツができる(イチゴ舌)
・ 形状が不揃いの発疹が全身にできる(不定形発疹)
・ 手や足の先が赤くなり、腫れる
・ 首のリンパ節が腫れる

首のリンパ節は熱が上昇する時に腫れることが多く、ウズラの卵程度の大きさになることもあります。
川崎病は上記のような主要症状の他、BCGの接種部位が赤くなったり、関節の痛み、下痢、嘔吐などの症状が現れることもあります。川崎病は検査所見をもとにして診断される訳ではなく基本的に入院治療が必要になる病気であるため、川崎病が疑われる際には専門医による早期の診察が必要です。

合併症として現れる冠動脈瘤に要注意

川崎病で特に問題となる合併症は冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)です。

冠動脈は、心臓の筋肉に酸素や栄養を供給している重要な血管です。冠動脈に瘤(こぶ)ができると血管が詰まり、狭心症や心筋梗塞を引き起こすリスクがあります。川崎病に伴う冠動脈瘤は一過性のものとして自然に小さくなるケースがありますが、後遺症として残ることもあるため早期に適切な治療を受けることが重要です。

川崎病の原因はまだ明らかになっていないため、根本的な治療方法は確立されていませんが、冠動脈瘤を予防するために血液製剤を投与するガンマグロブリン療法や、抗炎症作用のあるアスピリン療法が用いられることがあります。

<まとめ>
川崎病は乳幼児に発症することが多く、首のリンパ節の腫れの他、38度以上の高熱やイチゴ舌、発疹を始めとするいくつかの特徴的な症状が現れます。入院治療が必要になることが多く専門医による診断が必要です。川崎病は原因不明のため根本的な治療方法は確立されていませんが、狭心症や心筋梗塞につながる冠動脈瘤を後遺症として残さないために、ガンマグロブリン療法やアスピリン療法が行われることが基本になります。

参考記事:
国立循環器病研究センター


2017/06/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事